シンガポール旅行にWi-Fiは必要?|シンガポールで日本のスマホを快適に使うためのWi-Fi事情&安くネットに接続する方法

旅行計画中の人

シンガポール旅行に行くんだけど、日本のスマホは現地で使えた方がいいのかなぁ。あれば便利だとは思うけど、現地のWi-Fi事情がどうなっているのか知りたい。

そんな疑問にお答えします。

少し前までは、海外旅行に行くとなったら

『飛行機に乗った瞬間から携帯電話の電源は完全にOFFが当たり前、スマホなんて持っていった日には勝手にデータ通信されちゃったりして、日本に帰ったら白目むいちゃうほどの高額な請求が!』

なんてこと、ありましたよね。

のりこ

実は私もスマホを入手したての頃にタイ旅行に行き、なんと7万円もの請求がきました!

でも最近はWi-Fiの発達と普及のおかげで、海外でも日本にいる時と同じようにネットに繋がることが可能になり、どこにいても快適に自分の携帯を操作できるようになりました。

本記事ではシンガポールを旅行する際に知っておきたいネット事情とその料金、接続方法などを詳しくご紹介しました。

これからシンガポール旅行を検討している人にはぜひ読んでもらいたい記事です。

この記事を読むとわかること
  • シンガポール旅行中にスマホ・Wi-Fiは本当に必要なのか
  • ポケットWi-Fiをレンタルするならどんな方法があるのか
  • ポケットWi-Fiをレンタルしない場合はどうやってネットに繋ぐことができるのか

シンガポール旅行にスマホやWi-Fiは必要?

そもそも、海外旅行に行く時にスマホやWi-Fiを使う必要ってあるのかな?

と迷う人、実は少なくないと思います。

旅行中の人

ガイドブックがあるんだし、せっかく旅行に来たのに日本の携帯にしばられたくない!

もしどうしても必要なら滞在先のホテルには無料Wi-Fiが備わっているんだから、調べものはホテルですればいいじゃないか。

こんな風に思ったことはありませんか?

でも世の中は変わって、今は【いつでもどこでもネットに繋がっているのが普通】の時代になりました。

そうなると

むしろ土地勘のない旅先でスマホが使えないのって、かなり不便で不安になるのでは?

と心配になりませんか?

なので今回シンガポールに行って、現地のWi-Fi事情を確認してきました。

その体験から感じた率直な感想がこちら。

海外旅行中のスマホは、なくても死なないけど、あった方が100万倍便利で快適 ヽ(´▽`)/

です。

詳しく解説していきます。

シンガポール旅行でスマホやWi-Fiが必要になるケース

シンガポール旅行中、『スマホ・Wi-Fiが使えてよかった』としみじみ思えるポイントがたくさんありました。

STEP.1
シンガポール到着
ホテルまでの無料送迎バスの時刻表や市内まで走るローカルバス、MRTの乗り換え情報などを検索したい。タクシーの運ちゃんに行き先を伝えたいけどホテル名を忘れたので検索したい。 
STEP.2
シンガポール滞在中①
この時間に開いている安全なローカルフードの店を調べたい。できれば地図アプリで経路や所要時間も調べたい。SNSにもリアルタイムで投稿したい。
STEP.3
シンガポール滞在中②
シンガポール島内を一番効率よく回れてお得なプランを探したい。当日でも予約可能なオプショナルツアーもあったら申し込みたい。撮った写真や動画を日本の友人たちにも送りたい
STEP.4
シンガポール滞在中③
いろんな人種がいるシンガポールだけに、各寺院やモスクなどを見学に行く時には何か宗教的なタブーがありそうだ。失礼のないようにあらかじめ調べておかないと。インスタ映えスポットがたくさんあったので早く投稿したい
STEP.5
シンガポール最終日
一緒に行った人とお土産屋さんではぐれた!連絡してみよう。日本到着後の電車の時間を調べておきたい。

とこんな風にざっくり考えてみても、シンガポールに着いたその瞬間からネットに繋がっていた方が便利なことはたくさんあります。

のりこ

普段から「わからないことはすぐに検索する」のが習慣になっている人にとって、ネットが繋がっていなくて調べられないということは、思いのほかストレスになるものです。

Wi-Fiが繋がっていることで、その場でパパッと調べられたり、効率的に動けたりすることで、余計な時間を無駄にすることなく旅行を満喫できるというのも利点。

なので、

シンガポール旅行ではスマホ・Wi-Fiを持ち歩くことを強くおすすめします ( • ̀ω•́  )✧

シンガポールでWi-Fiを使わずにネット接続する方法(参考)

旅行計画中の人

シンガポールでたまにネットには繋ぎたいけどWi-Fiをレンタルしたりするのは面倒。違う接続方法もあるんじゃないの?

おそらくこんな人もいると思います。そしてその答えは、『あります!』

シンガポールでWi-Fiを使わずにスマホを使う方法は、2通りあります。

  1. 各携帯電話会社(ソフトバンク・ドコモ・au)の『海外パケット定額』を使う
  2. プリペイドSIMを購入して使う(SIMフリーの端末をお使いの場合のみ)

のりこ

それぞれに長所短所がありそうです。詳しく見てみましょう。

1. 海外パケット定額プランを使う

日本のメジャーな携帯キャリア(ソフトバンク・ドコモ・au)ではいずれも海外でもスマホがそのまま使えるサービスを提供しています。

その料金プランは以下のとおり。

キャリア サービス名 料金(目安)
ソフトバンク 海外パケットし放題

25MBまで1日1980円
25MB以上1日2980円

ドコモ

パケットパック海外オプション

海外パケ・ホーダイ

1日980円(利用日数によって割引あり)要事前申込み

24.4MBまで1日1980円
24.4MB以上1日2980円

au

世界データ定額

世界ダブル定額

24時間980円

24.4MBまで1日1980円
24.4MB以上1日2980円

(2020年1月現在。料金は予告なく変更される場合があります)

携帯会社の『海外パケットプラン』を利用することのメリットは、

特別な設定なしで自分のスマホを日本と同じ感覚で使える

ということ。

アプリのダウンロードは必要なのですが、どこの会社もひと昔前のように『海外で電源を入れておくだけでジャンジャン課金されていく』なんてことは起きないので安心です。

その便利さの一方で、デメリットは『料金が高くつく』ということ。

無制限で使えるプランなら1日2980円。シンガポール3泊の旅ならx3で8940円です。

のりこ

これが高いのか安いのかは後ほど比較してみましょう!

2. シンガポールで使えるプリペイドSIMを購入する

SIMフリーの端末を持っている人ならこの方法が簡単で格安です

でも、お使いのスマホがSIMフリーでない場合はできませんのでご注意を。

疑問の人

『プリペイドSIMを使う』ってどういうこと?

簡単にいうと、スマホの中身を現地仕様にしてしまうことです。

シンガポール対応のSIMカードに差し替えることで、使い慣れたスマホが現地のネットワークで使えるようになるという優れもの。

SIMカードの料金内なら通話も普通にできちゃいます

そしてこのプリペイドSIMには2種類の買い方が。

  1. シンガポールに到着後、空港やコンビニで買う
  2. 出発前に日本で買ってセットしておく

のりこ

それぞれに特徴がありますので、以下に簡単にまとめますね。

① シンガポールに到着後、空港やコンビニで買う

シンガポールには3社の携帯キャリアがあり、それぞれの会社が旅行者向けのSIMカードを発行しています。

料金は以下の表のとおり。

▽SingTel▽

▽StarHub▽

▽M1▽

(引用元:https://trevallog.com)

3社ともに利用日数などに応じて料金タイプを選べるようになっています。

シンガポールに3〜4日程度の滞在なら、一番安いプランで十分間に合います。

これらのSIMカードは、チャンギ空港(両替所に併設)や市内のセブンイレブンで買うことができます。

のりこ

現地でプリペイドSIMカードを購入する場合はパスポートと現金が必要になりますので準備しておいてくださいね!

② 出発前に日本で買ってセットしておく

プリペイドSIMカードの中には、日本であらかじめ買えるものもあります。こちらは現地でSIMカードを買うよりはやや割高ですが、

  • 英語に自信がない
  • 海外で万が一『つながらない!』などのトラブルがあったらイヤ

こんな心配がある人にはこの【SIM2Fly】というプリペイドSIMがおすすめなんです。

のりこ

このSIMカードはシンガポール以外にもアジアのほとんどの国でも使えるので、複数の国を周遊するならかなりお得。

出発日に、日本でセットしてつながることを確認できるので、現地でのトラブルは最小限に抑えられます(接続したらそこからカウントが始まりますので注意)

このプリペイドSIMの口コミには、良いものとそうでないもの両方がありましたので見ておきましょう。

良い口コミがこちら。

Aさん

使うようになってから2度目です。 いままでは、Wi-Fiレンタルしてましたが持ち歩きに荷物になるし、充電も必要で面倒でした。 このシムにしてから、簡単操作でサクサク通信できます。 入れ替え簡単! 日本でも使えるので、出発前に家で入れ替えてます。 容量も多くて、旅行中なんの問題もなし。 助かります。(Amazonより)

悪い口コミがこちら。

Bさん

台湾での利用でしたが、まったくネットにつながらず。結局、現地キャリアのSIMを買いなおしました。(Amazonより)

Amazonの口コミでは約8割の購入者が星3つ以上の評価をつけています。

一方で『つながらなかった』という声も1割ほどあるようです。

しかもその際は返品等は一切応じてもらえないようですので、この【SIM2Fly】を選ぶ際には渡航先が『SIM接続可能な国』かをよく確認しないといけませんね。

今もっているスマホのSIMロックを解除するには?
現在日本でスマホを持っている人のほとんどは各携帯電話会社の専用SIMとなっていますが、所定の条件をクリアし料金(各社手数料3000円)を支払って手続きをすることでSIMロックを解除することが可能です。

またSIMロック解除によって端末に保存していたデータの一部が消失することもあるそうなので、バックアップが必須です。

シンガポールでWi-Fiを使わずにネットにつなげる方法のまとめ

以上をまとめるとこうなります。

接続方法 メリット デメリット
海外パケット定額プラン 設定なしですぐに使える 料金が高い(3日間で約9000円)
現地でSIMカード購入 料金が安い(7日間で約1000円) 要SIMロック解除・多少の英語力
日本でSIMカード購入 料金が安い(8日間で1280円)
複数国で使えるので周遊に最適
要SIMロック解除・稀につながらないトラブルもあるが対応してもらえない

のりこ

すでにSIMフリーのスマホを持っている人なら、現地SIMを入れて使うのが断然安いですね。持っていない場合はSIMロック解除の手数料と手続きが必要。一度SIMフリーにしたスマホは元に戻すことはできません。

シンガポールでWi-Fiに接続してスマホを使う方法

さて、ここまではWi-Fiを使わずにシンガポールでネットにつながる方法をご紹介してきたわけですが、

料金面、SIMロック解除等の煩わしさを考慮した上で断然おすすめしたいのが、『Wi-Fiに接続してスマホを使う』です。

シンガポールで快適なWi-Fi環境を確保する方法は主に2つ。

  1. ポケットWi-Fiをレンタルする
  2. シンガポールのフリーWi-Fiを渡り歩く

のりこ

Wi-Fi事情はその国によってさまざま。シンガポールの場合、公共の施設に飛んでいるフリーWi-Fiに接続するには、ちょっとしたコツが必要でした。

詳しく説明します。

シンガポールで使える【ポケットWi-Fi】をレンタルする

現地で使えるポケットWi-Fiがあれば怖いものなし。

スマホと一緒に持ち歩けばいつでも繋がっていられるのが便利ですよね。またほとんどのポケットWi-Fiは最大5〜8端末まで接続OKなど(会社によります)、1つのポケットWi-Fiで旅行者全員分カバーできるのでかなりお得です。

日本でレンタルするポケットWi-Fi

レンタルポケットWi-Fiにも2種類あります。

  • 日本でレンタルして持っていく
  • 現地のポケットWi-Fiを借りる

それぞれメリットとデメリットがあるので、まとめておきます。

日本でレンタルするメリット

日本の会社が「海外で使えるポケットWi-Fi」を事前に貸してくれます。

申し込みから返却まですべて日本語でできるので間違いがありません。また国内の主要空港に貸し出しカウンターが設けられている会社もあるので、出発当日空港でピックアップし、帰国したらその足で返却して帰れます。

ポケットWi-Fiに不具合があったときなども海外から無料で電話できるようになっているのでサポートもしっかりで安心です。

主なレンタルポケットWi-Fiは以下のとおり。

海外WiFiレンタルなら!イモトのWiFi 海外パケット定額
格安!1日380円~
海外Wi-Fiが最大40%OFF!1日390円〜 LTE×500MB大容量プランが1日580円~

日本でレンタルするデメリット

日本でレンタルする1番のデメリットは、日本↔︎シンガポールの移動時間もレンタル日数にカウントされるので、実質シンガポールに滞在しているの3日間でも、全行程が5日間であれば5日分の料金が発生するということ。

また、複数国を周遊する場合は、それら全部の国に対応したポケットWi-Fiをレンタルすることになるので、レンタル料金は高くなります。

シンガポールでレンタルするポケットWi-Fi

他の選択肢としては、シンガポールで現地のポケットWi-Fiを借りるというのがあります

シンガポールで旅行客向けにポケットWi-Fiの貸し出しをしているのはCHANGI RECOMMENDSという総合観光案内所のみです。

のりこ

私は今回これをレンタルして使ってみましたよ!

シンガポールでレンタルするメリット

現地シンガポールでレンタルするメリットは、言わずもがなレンタル日数が少なくて済むということ。

事前にWebサイトからの予約が必要ですが、予約時にメールで送られてくるコンファメーションレターを持ってカウンターに行くだけで、すぐにポケットWi-Fiを貸してくれます。

帰りもまた空港で返却するだけなので、恐ろしいほど手続きは簡単です。

<CHANGI RECOMMENDSで借りるポケットWi-Fiの特徴>

料金 1日S$10(約800円)
接続範囲 シンガポール国内ならどこでもOK
接続可能な端末台数 最大8台まで接続可能

シンガポールでレンタルするデメリット

現地のWi-Fiを借りる場合は、手続きは全部英語でしなければいけません。また空港についてからそのレンタルカウンターを探すのも、そこでいくつか確認事項を聞かれたりするのも、すべて英語です。

\語学に自信のないトラベラーにはポケトークもおすすめ/

シンガポールのフリーWi-Fiを渡り歩く

旅行者

プリペイドSIMもポケットWi-Fiもめんどくせーんだよ!! スマホが使いたきゃその辺に飛んでるフリーWi-Fiを拾って歩けばなんとかなるに決まってんだろ!!

世の中にはこの人のように、ポケットWi-Fiも使わず、プリペイドSIMも使わず、いわば「丸腰」でシンガポール旅行に臨む人もいると思います。

そんな人でもWi-Fiが使えるスポットが、シンガポール国内にはたくさんあります。

それらを上手に活用することで、全部無料で完結させることも可能です。

シンガポール国内で無料で使えるWi-Fiをまとめました。

チャンギ空港

空港に着くと、空港の無料Wi-Fiに接続できます。ただしシンガポールの場合はいくつか手順があり、「Wi-FiをONにしたら自動的に繋がる」なんて優しいものではないのでご注意。

  1. インフォメーションカウンター/Kioskに行く
  2. パスポートを提示
  3. パスワードをもらう
  4. 携帯のWi-fi設定画面で#WiFi@Changiを選ぶ
  5. 利用時間:3時間を選択
  6. OTP via Info Counter/Kiosk を選んでパスワードを入力
  7. Start Surfingをクリック

と、このようにちょっとした作業が必要で、しかも全部英語なのでちょっとだけ不便を感じるかもしれません。ただパスワードをもらうとその紙に上記の手順は書いてありますので、それに従うだけです。

のりこ

チャンギ空港で3時間以上Wi-Fiを利用する場合は、再度パスワードを取得してつなぎ直す必要あり。またパスワードは一人につき1個なので、スマホを使いたい人が全員パスポートを提示する必要があります。

ホテルのフリーWi-Fi

シンガポール国内、よほどのオンボロ宿でない限りどこのホテルでも無料Wi-Fiがあるのは当たり前。

ホテルの無料Wi-Fiはだいたいどこも共通して、ホテル名のついたWi-Fiを選んで接続→部屋番号とLAST NAME(名字)を入力する→接続完了、という簡単なものです。

またホテルによっては、iPadのような持ち歩き可能なタブレットを無料で貸し出ししてくれるところもあります。

そのタブレットには現地の通信キャリアの回線も繋がっているため、ローカルコールもかけられてレストランの予約などにとても便利です。

のりこ

ホテルのフリーWi-Fiは、滞在中はとても便利ですが、出先やチェックアウトしたその瞬間から使えなくなりますので不便を感じることもあります

シンガポール国内のフリーWi-Fiスポット

シンガポールでは政府が進めている「どこでも無料Wi-Fi化」のおかげで、公共無料Wi-Fiである「Wireless@SG」に接続できるところが増えてきました。

カフェやレストラン、ショッピングモール、図書館、美術館など、「Wireless@SG」のマークがついているところなら使えます。

ただし、このWireless@SGは登録が必要なので、

  • 事前に日本でアプリから登録しておく
  • シンガポールの空港で登録する

いずれかの方法で手続きをします。なお現地についてから無計画にWireless@SGを探しても使えませんので注意が必要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

シンガポール旅行で、いつでもどこでも使い慣れたスマホを使う。

それはもう現代のトラベラーには『当たり前』のことになってきています。

そして現地でのネットへのつながり方も様々。

  1. 海外パケット定額プランを使う
  2. プリペイドSIMを使う
  3. ポケットWi-Fiを借りる
  4. シンガポールの無料Wi-Fiスポットを渡り歩く

本記事では大きく分けて以上の接続方法をご紹介しました。

今回ご紹介したすべてのプランの料金をまとめる次のようになります。(シンガポールに3日滞在すると仮定)

海外パケット定額プラン 約9000円 手続き不要  
シンガポールでプリペイドSIMを買う 約1000円 要SIMロック解除・英語力  
日本でプリペイドSIMを買っていく 約1280円 要SIMロック解除・サポートなし  
日本でポケットWi-Fiをレンタルする 約6990円 イモトのWi-Fi シンガポール4日間(フライトも含める為)で見積もり ポケットWi-Fi1台で同行者全員使える
シンガポールでポケットWi-Fiをレンタルする 約3000円 要英語力 ポケットWi-Fi1台で同行者全員使える
シンガポールのフリーWi-Fiを渡り歩く 0円 事前登録や各種設定が現地で必要な場所も。ホテルのWi-Fiはホテルを離れたら使えない  
コスパの面ではSIMカードを入れ替える方法がかなり良いのですが、問題はSIMロックを解除する必要があるという点ですね。
 
というわけで、

手続きの簡単さと、同行者と料金を割り勘できることを考慮すると、『ポケットWi-Fiをレンタルする』のがベストかなと思います。

この記事が少しでもシンガポール旅行を控えている方のお役に立てれば幸いです。

快適なネット接続で楽しいシンガポール旅行を!

▽合わせて読みたい▽
子連れ海外旅行がストレスフリーになる!子連れ旅にかかせない便利グッズ6選 【海外旅行の必須携行品】快適なフライトにはコレ!空の旅の必需品8選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です