【英語で子育て?】私が息子を英語で育てなかった理由

英語を学習してきた私自身にとって、【英語がペラペラ話せる】ということは、長年の目標であり、国際社会で役立つツールでもあり、現代の日本ではまだまだ貴重な存在になり得る、とても大切なことでした。

英語が話せるのはカッコいいし、英語ができることで海外で周りの人と「対等に」渡り合うことができる、強力な武器を装着したようなもの。

それが自分で十分にわかっているからこそ、息子が生まれたとき心の中で葛藤がありました。

彼を英語で育てるか、普通に日本語で育てるか

 

結論から先に言うと、タイトルにもある通り、私は彼を日本語で育てました。

葛藤があったのにもワケがあるし、日本語で育てることに決めたのにもワケがある。

そんな経験から、【英語で子育て】について考えてみました。

英語で子育てするということ

子どもの英語学習って、結局はすべて親の考え方や経験で決まりますよね。そしてその形は本当に各家庭によって様々です。でもどんなやり方であれ、つまるところどの親も、

【かわいい我が子の将来の活躍に、英語力のなさがハンデにならないように】

という願いが込められているわけです。

本当に可能?日本での英語子育て

しかし、バリバリの日本人ファミリーが、日本にいながら日本人の子どもをバイリンガルに育てようというのは、はっきり言って少し無理があるかな、と思います。

どちらかの親が外国人である国際結婚の家庭でさえ、子どもが父親と母親の母国語をそれぞれバランスよく話せるなんてことは到底ありえないことだと言われています。

とはいえ、それでも自分の子どもには英語で苦労して欲しくないと思うのが親ごころ。

そんな親ごころはもちろん、私にもありました。

自分自身の経験

帰国子女にずっと憧れてきた【他人の親が羨ましかった】

私は中学生の頃からずっと、英語や海外の生活に憧れていました。

だから「親の都合で幼少期を海外で過ごしネイティブさながらの英語を操る人たち」、いわゆる【帰国子女】に燃えるような憧れと嫉妬を感じてきました。

中学1年生のときに同じクラスになった男子の一人に、小学校の3〜6年生をアメリカで過ごした帰国子女がいました。英語の授業中に彼が読んだ教科書の1パラグラフは、なんだかすごく発音が良くてサラサラと滑らかで、「私もこんな風に読めるようになりたい!」と思わせてくれるものでした。

その帰国子女の彼に対する憧れは、私のためにそういう環境を作ってくれていない自分の親に対しての苛立ちにもなりました。

海外赴任する親が羨ましい、私も親の都合で海外で暮らしてみたい、親の都合で英語がペラペラになって帰国してみたい。

だから自分が親になった時には、子どもにはバンバン海外に行く機会を作って、英語ペラペラになる環境で育ててあげようと、ずっと思い続けてきました。

 

私自身の英語学習【苦労と努力と継続。それでもネイティブにはなれない】

これまでいくつかの記事で、私の英語の学習歴はご紹介してきました。地道に積み上げる学習とその継続、語学留学と海外転職。年数にするならばざっくり数えても20年くらいは英語を勉強していることになります。

それでも勉強し始めたのが、ある程度ものごころついてからだったので、何十年勉強しても私にとって英語はいつまでも第二言語、ネイティブスピーカーには程遠いのが現実です。

「英語ができるようになるまで苦労した」人や「英語ができなくて苦労した」人が親になると、その親は「かわいい子どもには自分と同じ苦労はさせたくない」と思ってしまうもの。

だから私も悩みました。20年以上かけて勉強してきた英語。自分の息子にはできるだけ自分よりも苦労をせずに、英語を習得してほしいと思う気持ちもやはりあるのです。

息子を出産。そして葛藤

シンガポールから帰国して1年半後、私はお母さんになりました。

いざ、自分の子どもが生まれてみたときの私の素直な気持ちは、

この子が英語を話そうが日本語だけで暮らそうが、健康で幸せいっぱいだったらそれでいい。

 

と心から思いました。

バイリンガル?何のために?誰のために?

子どもを英語で育てる?

せっかく母親である私が英語を話せるのなら、子どもが小さいうちから英語を教えてバイリンガルを目指さない手はない!と思う人もいるかもしれません。

私もそう考えました。そして実際に、時々まだ首も座らない息子に英語で話しかけてみたりもしました。

『きっとこのまま私が英語で話しかけ続ければ、英語が話せる子になる。そうなったらこの子は、私が費やしてきた英語学習に対する年月やエネルギーをすべて無意識のうちから吸収して、ものごころつく頃には少なくとも私と同等のレベルで話せるようになる』

と、思っていました。でも、本当にそうでしょうか?

子どもにとって最善の環境って?

少し大げさにも聞こえますが、親が子どもにできることは、子どもにとって最善な環境を作ってあげることだけのように思います。でも、最善な環境って、どんなんでしょう?

息子にとって何が最善の環境なのか。まだ赤ちゃんの息子を目の前に色々考えました。子どもにとって親は何をすることが最善なのか。

結局は、【親が最善だと思うこと】をしてあげるしかないのです。でもそれが彼にとって本当に最善なのかは、誰にもわからないのが事実です。

英語で子育てをするメリット

では英語で子育てをするメリットを考えてみます。

子どもに英語を学ばせたがる親に多くみられるのは、

自分が人生の中で「あー英語ができたら!!」と悔しい思いをしてきた人や、せめて自分の子どもには英語ペラペラになってもっと人生有利に生きて欲しいと思う人ではないでしょうか。

子どもが小さいうちなら柔軟に言語を覚えられる

【子どもは6歳までなら何ヶ国語でも習得できる】ということは科学的にも証明されているようですね。確かに子どもは吸収が早く、基本的にマネをするところから入るので、耳で聞いた音を先入観なしにマネして言ってみることができる。変にスレてない分、発音が大人よりもネイティブ寄りだったりします。

「勉強」という形ではなく「遊び」から英語を自然と身につけられる

日本の教育では、英語が始まるのが遅すぎるため、子どもたちの中には勉強に対する苦手意識がすっかり出来上がった頃に『英語』というものが追加され、【勉強しなければならない教科が増えた】という認識になってしまいます。

しかも幼少の頃から親しんできたわけではないのでそこからの勉強量の多いこと。

一方で、幼い頃から英語にふれて、遊びや日常生活を通して無意識のうちから英語が入ってきた子は、やはり苦手意識も薄いと思います。

シンガポールはまさに子どもの頃から英語での教育が行き届いていて、公用語として母国語のほかに「必ずできなければならない言葉」として育てられてきました。だから、「できて当然」という認識なのです。

英語で子育てをするデメリット

では反対に、英語で子育てをするデメリットについて考えてみました。デメリットというよりは、英語で子育てをしようとするときに必ずぶち当たる壁と言った方がいいかもしれません。

鬼の継続なくして上達なし(楽ではない)

大人が英語を学習するときと同様に、英語での子育てでも、とにかく鬼のような強固な意志とひたすら継続する覚悟が必要です。先ほどお伝えしたように、国際結婚の家庭でどちらかの親がネイティブの英語スピーカーだったとしても、英語に触れている時間が短ければ全然子どもは覚えないそうです。

ましてや我が家の場合は、英語で育てようとしている私がネイティブスピーカーではないのです。

鬼の継続が必要なのは、息子ではなく私です。

また英会話教室に通わせるという手もあります。もちろん少しでも英語に触れる機会があるのはとても良いこと。けれど私の経験上、週1回の英会話教室に通った子が英語を話せるほど上達したケースをみたことがありません。それでは到底足りないのです、英語にふれる時間が。

家族の中での会話が非常に不自然

たとえ私が息子にすべて英語で話しかけていたとしても、私以外の家族とは当然日本語で話すことになります。

また、たとえば息子と二人でいるときは英語で話している私も、夫が帰って来れば夫とは自然と日本語で会話するので、息子の耳に入ってくるのも日本語が多くなります。

家族の中で一部の人だけが、母国語でもない言葉でやり取りをしている。この光景に違和感を感じるのは、私だけでしょうか。

英語で子育てするならこれは必須

息子が生まれてからというもの、私の中で「英語子育て」に関して様々な葛藤がありました。

その葛藤の中で気づいた、「本気で英語で子育てをしてバイリンガルに育てると覚悟を決めた」親が必ずするべき3つのことをご紹介したいと思います。

①インターナショナルスクールに入れる

日本にいながらにしてバイリンガルになれる方法は、もはやこれしかないと言っても過言ではないと思います。

英語の学習においてその上達の幅は、「どれだけ英語まみれの生活に身を置けるか」に大きく関わってきます。英語にふれている絶対的な時間数が大切なのです。

となると、子どもをバイリンガルにしたいならば言わずもがな、子どもが1日の中で一番長い時間を過ごす場所、学校を英語まみれにする必要があります。

インターナショナルスクールに通わせれば、「家にいる時間以外」はずっと英語で居られるし、先生はきれいな英語を話す訓練を受けてきているネイティブスピーカーがほとんど。

芸能人でもインターナショナルスクール出身の関根麻里さんやキムタクの娘さんなどは本当にきれいな英語を話しますよね。

②海外に連れていく

英語を学習するのが大人だろうが子どもだろうが、上達したければやはり海外に出ることが最速です。しかも子どもが小さければ小さいほど、現地で英語を吸収して上達するスピードも速くなることでしょう。

そして海外で暮らしながら学ぶというのは、英語が話せるようになるというメリットのほかにも、国際人として日本人以外の人種や民族と共存していける力を身につけることができる、という素晴らしい点もあります。

問題は、親が海外転勤でもしない限り、一家で海外に住むなんて大掛かりなことはなかなか実行できないというところ。ましてや幼い子どもを「英語教育だけのために」単身留学させるなんてことも難しいのが事実ですよね。

それでもやはり海外に連れて行くことは必要不可欠だと思います。たとえ短期の旅行だったとしても、実際に外国にふれてみるという経験は、子どもの視野を広げたり、新しい価値観を見つけたりするのに役立ちます。狭い日本を出て英語だけの環境に連れていくのです。

③親も勉強する

自分が英語ができなかったがために苦労した経験や不自由した経験を、自分の子どもに投影するだけでは親だって成長がありません。何歳になったって英語は学習可能です。

私が英語を勉強し始めたのは高校生から。それでも不自由しないくらいにできるようになりました。英語を始めるのに遅すぎることなんて一生ないと思います。

子どもをバイリンガルに育てる覚悟を決めたなら、親も一緒に集中して学習すれば一緒に英語を身につけることだって可能です。

まとめ

様々な葛藤の中から私がなんとなく辿りついた答えは、

日本で日本語オンリーの生活のまま、子どもを英語で育てるというのはほぼ不可能なのではないか

 

ということです。また、子どもに英語ぺらぺらになってほしいと望む前に、親も勉強を続けるべきだと思います。

『自分は英語ができなくて苦労したから、せめて子どもには小さいうちからやらせて楽にバイリンガルにしてあげたい』

その気持ちはわかりますが、すべてがうまく行ったとして、子どもが英語ペラペラになったのに、親である自分がいつまでも変わらないのでは、もったいないと思うのです。

 

たった35日でうちの子が英語を話した!楽天4部門1位の英会話!<七田式>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です