日本人女性は海外でモテる?|日本人女性が海外でモテる というのは嘘?本当?

【日本人女性は外国人男性にモテる】とか【男が結婚したい女性ナンバーワンは日本人】とか。

テレビやいろんなメディアでこのようなフレーズを見たり聞いたりしたこと、ありますよね。

でもそれって本当のことなのでしょうか?その真相について、私の海外での経験も踏まえて考えてみたいと思います。

日本人女性が外国人男性にモテる説

実は、そんな説があるというのは本当のことなんです。

もちろん世の中すべての人がそう思っているわけではないでしょうが、私が海外に住んでいるときにも実際に、「日本人なの?日本人ってだけでモテるでしょう」と謎の言葉をかけられたり、私が『日本人であること』を現地の女友達に羨ましがられたりしたこともあります。

実際に欧米人男性が冗談まじりに書いた記事にこんなものがあります。

Heaven is: an American salary, an English house, a Chinese cook, and a Japanese wife. Hell is: a Chinese salary, a Japanese house, an English cook, and an American wife. 

訳)天国とは、アメリカ人の給与を得て、イギリス人の家に住み、中国人の料理人を雇い、日本人を妻にしていること。 地獄とは、中国人の給与を得て、日本人の家に住み、イギリス人の料理人を雇い、アメリカ人を妻にしていること。(Peter Kegelman)

これはそれぞれの国の良いところ悪いところを皮肉を込めて表現されているわけですが、妻に関しては

アメリカ人の妻を持つことが地獄で、日本人の妻を持つことが天国

なんて書かれているわけです。

誰だ!こんなひどいことを書くのは。

しかも、「日本人女性を妻にすると天国だ」なんて、実際に日本人女性を妻にもつ日本人男性たちは全然思ってなさそうな見解。

おそらくこれを書いた人は、いろんな意味で自立しているアメリカ人女性に比べて、日本人女性はどこかいつも控えめで、静かに夫をサポートしてくれそうなイメージを持っているようです。

日本人女性が外国人男性にモテる理由

では日本人女性ななぜモテると思われているのでしょうか。

①いつも無駄に笑顔

日本人の女性たちは、よほど無愛想な親に育てられていないかぎり、小さい頃から「ニコニコしていなさい」と言われて育っています。話しかけられても笑顔。イヤなこと言われても笑顔。街中でティッシュ配ってくれる人にさえ笑顔でお礼を言っちゃうくらいの笑顔の大安売りです。

日本にいるとこれってあまりにも普通になりすぎていますが、

海外では絶対あり得ません。

海外では、知らない人が声をかけてくれば、だいたい無視するか真顔で用件だけ聞きます。イヤなことなんか言われた日には速やかに警察に連絡します。

②褒められることに全然慣れていなくて初々しい

日本人の女性は本当に、恐ろしいほど褒められることに慣れていません。

褒められ慣れていないのでどう対処すれば良いのかとっさに出てこなくて、ちょっとあたふたしたり焦ってしまいます。

そして「今日もきれいだね」なんて真っ正面から言われた日には、顔を真っ赤にして「no no no〜!」と否定してみたりします。

ちなみに欧米人女性が褒められた場合は、堂々と「Thank you」だけで受け止めます。

もちろんそれでなんら問題はないのですが、やはり日本人女性のキャピキャピした感じの反応が、外国人男性には初々しく映るのかも知れませんね。

③口元を隠したがる

以前「自信を持って話すコツ」という記事の中にも書きましたが、自信のない人がよくするジェスチャーのひとつにこの「口元を隠す」というのがあります。(記事はこちらから:自信を持って話すコツ

その意味は、

  • 自分に自信がない
  • 自分を守りたい
  • ストレスや緊張を隠したい
  • 内側の見られたくない本音を隠したい

というもの。日本人の女性の多くが恥ずかしかったり緊張したりするとすぐに口元に手をあてて隠しますよね。自己肯定感の高い欧米人女性にはあまり見られないもの。

だからこそそういう仕草が外国人男性の「なんだか守ってあげたい」感をくすぐるのかもしれません。

④内股・猫背で歩く

海外に行くと、日本人女性はその歩く姿勢ですぐに識別できます。

欧米人からするとアジア人は見た目が似ていて区別がつかないと言われますが、日本人女性に限っては、「内股、猫背」という姿勢がとても特徴的なのだそうです。

確かに私がシンガポールに住んでいたときにとてもびっくりしたのが、シンガポール人や香港人など、中国系の女性はとくに、ぎょっとするほどガニ股で歩きます。

姿勢は正しく服装はタイトスカートにハイヒールととても女性らしいのですが、ガニ股のO脚で風を切って歩くさまはVシネマのおっさんのようです。

それとは対照的な日本人女性の内股・猫背の歩き方。たしかにVシネおっさん風OLと比べると、おしとやかな雰囲気をかもし出しているかも知れませんね。

総合すると、、

上記をまとめると、日本人女性のイメージは、「にこやかで大人しく、控えめで守ってあげたくなる」感じのようです。

日本人女性の問題点

それでは「日本人女性が外国人男性にモテる」と言われているのが本当だとすると、それは素直に日本人女性がステキだからと喜んでよいものなのでしょうか。

この日本人女性がモテる説の裏にひそむ問題点を調べてみました。

どこまでもNOと言えない

本当はNOと言いたいのに言えない。NOと言えないだけでなく、つい笑ってごまかしてしまう。

口では「いやいや無理だから〜」なんて言いながらも、顔が笑っている日本人。声をかけられた相手に、とくに興味なくても断れないし、無視もできない。

だって、誰にでも優しくしろって育てられてきたんだもの。

まさにこれは海外では男女問わずいろんな場面でつけこまれたり陥れられたり騙されたりする典型的なシチュエーション。日本人ってなぜか、断ることに対してすごい罪悪感を持ってしまう人たちが多い。

そして女性の場合は特に、やたらと褒めてくれる男性が目の前にいて、とても優しくしてくれたら、どんどんNOと言えなくなっていきます。

LOSERのセクハラに甘い

世界のどこに行っても、LOSER(負け犬)と呼ばれる人たちがいるの知っていますか?

どんな人のことかと言うと、『自国では全然モテなくて異性に相手にされず、外国人とばかりつき合う人』のことです。そしてこういったLOSERさんの標的になりやすいのが日本人女性です。

まず日本人女性は欧米人男子に弱い(私も人のことは言えない)。そしていつも笑顔で、ちょっと恥ずかしがり屋さんで奥ゆかしく、そしてちょっとグイグイ行ってもNOと言わない。

もはやカモです。自国の女性に相手にされないLOSERにとってはとても落としやすいターゲットになってしまいます。

ちょっとくらいのセクハラならNOと言わない日本人女性。それはモテているのとは全くの別物です。日本人女性としての品性を保つためにも、ぜひきっぱりNOと言えるようになりましょう。

日本のAVからの間違ったイメージ

そしてこの問題は、決して軽視してはいけないと思っています。

アジア圏ではとくに、ポルノといえば日本のAVがとても有名なのです。そもそもポルノの販売や視聴を禁止している国もあるくらいなので、彼らにとっては日本のAVやアニメ系のその市場の規模たるや信じられないほどの大きさで、良くも悪くも日本のAVに『お世話になった』人がたくさんいるのです。

問題は、時には過激な設定もある日本のAVを見て、『日本人女性はこういうのを喜ぶのか』と完全に間違ったイメージを持ってしまう人が少なくないらしいのです。

イメージを持つだけならまだしも、誰かがそれをきっぱりと正さなければ、間違ったまま認識で女性を傷つけるなんてことにもなりかねないのです。

この事実を認識したうえで、声をかけてくる人にはもっと注意して接する必要があります。誰にでも笑顔をふりまいたり、モテているなんて勘違いをしていたら、大変なことになる可能性があるという危機感を持ちましょう。

日本人女性は本当にモテるのか?の真相

ここまでは「海外で日本人女性がモテる」説について、その考えられる理由と、その裏にひそむ問題点について考えてきました。

結論

結論として、本当に日本人女性が外国人にモテているか、の問いに対しての私の個人的な意見は、

モテているのではない。相手は興味本位か、下心に突き動かされている可能性大。

 

です。

海外の女性は本当に強い人が多いです。納得いかないことに対しては絶対に折れないし、何事もうやむやにするのが大嫌いな人が多いですよね。

それに比べて日本人女性のなんと優しくて曖昧なやわらかさ。それでいて、もしかしたらAVで見たようなあられもないことが好きかも知れないというある種のギャップ。

そういうのを総合して、「日本人女性は海外でモテる」と言われているのだと思います。

実際に外国人と結婚してやっていけてるのは有能で気の強い女

今回この記事を書いていて気づいたことがあります。

それは、日本人女性の中でも、実際に外国人男性としっかり信頼関係を築いて国際結婚して、ちゃんと海外でやっていけているのは、しっかりもののとても気の強い女が多いということ。

私の友人には国際結婚で海外にいる人が何組かいるのですが、そのいずれの女性も、仕事はバリバリとこなし誰にでもズバズバとものを言うタイプの、強い女ばかりです。

まとめ

今回の記事では、海外で日本人女性はモテるという説について考えてみました。

調べてみたところ、海外では日本人女性のイメージがいろんな意味で現実と乖離してしまっているということがわかりました。

最終的に、モテているのかモテていないのかと問われたら、

本当の意味では「モテているわけではない」

というのが答えなのだと思います。

でも最近では、きちんとNOと言える日本人女性もどんどん増えてきました。これからさらに加速する国際化の流れに乗って、私たち日本人女性もしっかりと自分の意見を言えるようになっていかないといけませんね。

<世界80都市>日本語ガイドの海外ツアーならタビナカ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です