日本人にも『体臭』ってあるの⁈ 意外と知らない日本人のニオイ

外国人って独特の体臭を持っているように感じるけど、日本人には体臭はないものなのかな?

『体臭』と聞くと、なんとなく日本人には無関係なことだと思っていませんか?

ついイメージ的に、欧米人や黒人に体臭がきついというイメージを持ってしまっている多くの日本人。それはおそらく、テレビや漫画などのメディアでそういう情報や描写が出ていたりすることが原因かもしれません。また、

  • 日本人は毎日お風呂に入って清潔にしている
  • 日本人は和食中心の、脂の少ない食生活をしている

などと巷では上記のような理由で日本人には体臭が出にくいと言い伝えられたりしています。

ところがどっこい。

日本人にもちゃーんと独特の体臭はあるんですよ。

日本人にも体臭はある

断言しますが、日本人にも体臭はあります!!

日本に住んでいる日本人は、お互いにそのニオイに鼻が慣れてしまっているので気づかないだけです。

それがどんなニオイなのか、気になりませんか?

本記事では私の海外での生活と、日本への一時帰国時に感じていた不思議なニオイのもと『日本人の体臭』がどんなニオイなのか、また体臭はどこからやってくるのか、そして気をつけるべきエチケットなどについてご紹介したいと思います。

日本人の体臭ってどんなニオイ?

① 海外から帰ると必ずしていた不思議な匂い

私がシンガポールに住んでいた時に、一時帰国をすると必ず感じていた不思議な匂いがありました。

それは、

  • ほのかに生臭いような(全然きついニオイではない)
  • ほのかに醤油っぽいような

そんな感じの本当に微々たる匂いで、同じように外国から帰国した日本人でも気づかない人もいるくらい、微かなものでした。

いつも帰国すると感じていた不思議な匂いが「日本人の体臭だ」ということに気づいたのは、

私自身が、家族から「なんとなく体が『東南アジア臭い』」と指摘されたときでした。(東南アジア臭いって何だよw)

長期間にわたって日本を離れていた私の体臭がシンガポール寄りになったことで、それまで全然気づかなかった『日本人のニオイ』に気づけるようになったのです。

② 住む国、食べるものによって変わる『体臭』

『東南アジア臭い』と指摘された私でしたが、それは昨日食べたものの残り香が口臭として残っているとかではなく、体全体から、イメージ的には全身の毛穴からじんわりと日本人とは違うニオイがするらしいのです。

強いていうなら、脂のニオイと、独特の香辛料が混ざった感じのニオイだったそうです。

シンガポールで現地の人とまるっきり同じ食生活をしていたおかげで、日本人でありながら私の体はシンガポール人になっていたわけです。

食習慣の『体臭』への影響

どんなニオイであれ、その良し悪しは別として『体臭』に関わる最大の要因はやはり【食習慣】によるものと言われています。

口にしたものでその人の体はできていると言われている通り、食べたものや飲んだものによってその体臭は様々なニオイに変化します。

それはシンガポールの食事で日本人の私の体臭が変わったように、欧米人だからとかアジア人だからという、人種によって分けられるものではなさそうです。(もちろん生まれ持った体質によるニオイは別として)

① 飛行機に乗った瞬間からわかる韓国人の匂い

具体的な例をあげてみると、例えば韓国系の航空会社を利用するとすぐに、機内にニンニクのような、玉ねぎのような刺激物の匂いがするのがわかります。

もちろん機内食でキムチやビビンバが出されることもあるので、その匂いが漂っているという可能性もありますが、それとはまた別に、明らかに前後左右に座っている韓国人乗客からナチュラルに香ってくる体臭が主たるものであることに気づきます。

彼らが毎日欠かさずに食べるキムチや、付け合わせに生のまま食べている玉ねぎや唐辛子などの刺激物はとてもわかりやすく体臭に表れます。

そして当然のことながら、当の韓国人は、自分もまわりもほぼ同じ食生活をしているので、お互いにその体臭を持ちながらまったく気づきません。

のりこ

私は会社の研修で1ヶ月間韓国にいたことがあるのですが、韓国からシンガポールに戻った時に、シンガポール人彼氏が私からものすごいニンニクのニオイがすることにビックリしていました。

② インド人の体臭はカレー風味

インド人の体臭は他の人種と比べてきつめだと言われています。実際に私もシンガポールに住んでいて、親しい友人にインド人がいたのでよくわかります。

日本人にとって非常にわかりやすいインドのイメージといえば、『カレー』ですよね。

とはいえ、いくらカレーが有名だといってもさすがに毎日カレーを食べているわけではないだろうと思いがち。

だって、日本料理といえば寿司にすき焼き、ラーメンなどが代表的ですが、それを毎日食べている日本人なんていませんよね。

ところが、『日本人の寿司』と『インド人のカレー』を、同じ感覚で考えてしまうのは大間違いなのです。

インド人は、本気で1日3食カレーを食べています。

もちろんたまには外食したりして違うものも食べたりすることはありますが、基本的に彼らインド人が作る料理は全部カレーなのです。

私の親しいインド人友達の家では、お母さんが3食すべて手作りしていましたが、

  • 朝は豆カレー
  • 昼はチキンカレー
  • 夜はマトンカレー

と言った具合に本気で全部カレーなのです。

しかも私が興味深いと感じたのは、私たちにとっては彼らは「3食すべてカレーを食べている人たち」ですが、彼ら本人としては、朝昼晩それぞれ中身が違うので、「全く別の料理を食べている」という認識なのです。

「3食全部カレーで飽きないの?」と友人に聞いてみたところ、やはり「中身が違うから飽きない」のだそう。感覚としては、日本人の『味噌汁』のような考え方なのだと思いました。

話を体臭に戻します。

そんな3食すべて香辛料たっぷりのカレーを食べている彼らの体からは、まさにカレーの匂いがします。

また、同じようにカレーを食べているインド人の間でも、体臭のきつい人とそうでない人とがいます。私もシンガポールにいた時に実際に体験しましたが、その違いは

  • 体格(インド人は高カロリーな食事を好むため太めの人が多いと言われています)
  • 好みのカレーの種類(脂分の多い肉のカレーや、揚げ物を使ったものなど)

などよって微妙に変わってくるようです。

私の友人の場合は、接客業だったので体臭にはとても気を使っていて、あまりにもカレーが続くときは自分の体臭がきつくなるのであえて違うものを食べるようにしていました。

のりこ

日本人でも香辛料たっぷりのスパイスカレーを食べ続けると体臭からほのかにカレーのニオイがするようになりますよ!

比較的体臭が弱いと言われる日本人

冒頭にも書いたとおり、日本人にも特有の体臭はあります。

とはいえそれは上記2つの例(韓国・インド)であげたような、わかりやすく強いものではなく、むしろ気づかない人の方が多いくらいのものなので特に気にする必要はなさそうです。

しかし中高年になるとそのニオイは強くなり、日本人同士でも気づく、『加齢臭』になっていきますので注意が必要です。

一般的には、体臭がきつくなりやすい食事というのは、

  • 脂っこいもの(酸化した脂がニオイの元に)
  • 香辛料の多いもの
  • 刺激物の多いもの

であると言われていて、日本人が普段食べているものは、欧米やアジア諸国に比べると上記のものが少なめであることから体臭が出にくいのだそう。

外国人が気になる、日本人のニオイ

体臭については比較的ニオイ弱めの日本人ですが、外国人がびっくりしてしまう日本人の臭いが、一つだけあるそうです。

それは、

『口臭』です!!

確かに、日本人同士でも気になりますよね。

のりこ

一体何を食べたらそんなウンコみたいな臭いになるのか⁉︎と不思議になってしまうような人もいますよね。

むしろ口臭があることの方が当たり前になりすぎて、主に中高年の方と至近距離でお話しをする時は、無意識にちょっと鼻で呼吸するのを止めたりしていませんか?

実はこれ、日本人の口腔トラブルに対する危機感のあまさや意識の低さが直接の原因であると言われています。

① 口臭の原因は口腔トラブル?

日本人は虫歯や歯周病など口の中のトラブルが非常に多い国民です。

子どもの頃から「虫歯になったら治療する」を繰り返す日本人。歯医者さんはいつも治療する人でいっぱいだし、高齢者になると歯が残っている人自体、かなり少ない。

口臭の一番の原因は虫歯や歯周病と言われています。

なので日本人の口臭がきついのも、日本人には虫歯や歯周病が多いから、ということになりそうです。

② 口腔ケアに対する意識の違い

以前の記事でもご紹介しましたが、(関連記事:シンガポールで歯医者さんに行く)シンガポールにいた時に、何気ない会話の中で私が大口を開けて笑ったら、現地の友人が私の口の中でギラギラと光る銀歯を見てとてもびっくりしていました。

海外のほとんどの国では歯の治療費がとても高額で、なおかつ全額自己負担なので子どものころから歯の健康に対する姿勢がすごいのです。

絶対に虫歯にならないように定期健診を怠らず、歯並びが悪いとそこも虫歯の原因になりかねないのですぐに矯正をしてきれいにします。

なので当然のように、外国人の歯は、治療痕など一つもないきれいな白い歯が並んでいるし、口臭もないのが一般的です。

食後の歯間ケアにはフロスが一般的

こまめなマウスウォッシュで雑菌の繁殖を防ぐ

まとめ

「日本人は無臭」というイメージを持っている人が多いのですが、実際のところは無臭の人間なんて一人も存在しません。

食べているものによって、その強弱はあれ誰しもが持っているもの。

しかしそれが相手に不快感を与えてしまうレベルであれば、自分でしっかりとケアをするのがエチケット。

そういう意味では日本人の口臭も抜本的なケアが必要なものの一つかもしれませんね。

▽あわせて読んでほしい記事▽
\欧米人御用達!最強の制汗剤/
イヤなワキ汗が止まる!デトランスαの驚異的な効果と気になる副作用の心配は?

\暑い国で刺激物を食べるワケ/
暑い国の人が【辛いもの】をよく食べるのはなぜ?アジアの激辛料理にはワケがあった

▽匂いに関する興味深い本を集めてみました▽

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です