シンガポール人女性の特徴【強い女と言われるその理由とは】

アジアで暮らしたことがある人や、駐在などでシンガポール人と仕事をしたことがある人ならば、このタイトルを見ただけで何のことかすぐにピンとくるはずです。

なぜならシンガポール人女性は、

何も知らずに関わってちょっとでもヘマしようものなら、怒涛の勢いで怒られたり無愛想にあしらわれたり、非情な態度を露骨に出すことでわりと有名だからです。

そう、

『シンガポール人女性は強い(もしくは恐い)』

というのはわりとこのアジア界隈ではもはや通説。

私の7年間のシンガポール生活の中でも、どれほどこの人たちの『強さ』に痛めつけられてきたことかわかりません。

この記事では、そんな彼女たちの強さと、その裏に隠されたちょっと可愛らしい部分など、

『憎たらしいけど憎めない』シンガポール人女性たちの特徴

についてご紹介したいと思います。

▽関連記事:シンガポール人男性の特徴▽
【シンガポール人男性の特徴】ちょいダサだけど優しい!シンガポール人男性の風貌・服装・性格を徹底解説

シンガポール人女性の見た目

多民族国家のシンガポールには様々な人種の女性たちが共存しているのですが、その中でも大きい割合を占めているのが中国系、マレー系、インド系の3つです。

中でも大多数を占めるのが中国系なので、この『シンガポール人女性は強い』と言わしめるその印象は、主に中国系の女性たちの性格からきているのです。

① 中国系シンガポール人

見た目は中国人とほぼ変わりありません。(そもそも中国からの移民なので当然ですが)

ただし常夏の島シンガポールで生まれ育っているので、ややナチュラルに日焼けしていることと、やはり国際化の進んだ大都会に生きるシンガポール人女性は、中国本土の女性よりも圧倒的に垢抜けているイメージがあることが印象的。

彼女たちは

  • とてもスリムでスタイルの良い人が多く、
  • 背筋もピッ!とまっすぐ
  • 手足も細くて長い。

そして、

どことなく骨格が男っぽくて、総じて貧乳が多いのも特徴的。(^◇^;)

オフィスではブラウス、スカートにハイヒールと、いかにも『キャリアウーマン』な雰囲気を出している彼女たちですが、休日になると

  • すっぴんメガネ
  • ヨレヨレのTシャツ
  • 短パン
  • ビーチサンダル

といった、寝巻きにちょっと毛が生えたくらいのゆるさのまま外出します。

それでも手足が長くてスタイルがいいので、なぜか様になってしまうのが憎たらしいところ。

のりこ

『ガニ股』で歩くのも彼女たちの特徴。 でも彼女たちにとっては、むしろ日本人女性が『猫背&内股』で歩く姿が特徴的でとても目立つと言います。

② マレー系シンガポール人

マレー系の女性のほとんどがイスラム教徒です。

彼女たちの多くは、独身のうちは中国系女性たちと変わらないカジュアルな洋服を着ていますが、結婚などのタイミングで、華やかなムスリムの伝統ファッションに切り替えます。

▽関連記事:イスラム教徒のファッションについて▽

日本人には謎多きヒジャブの秘密【ムスリム女性の素顔とは】

彼女たちの特徴は、

  • 肌は綺麗な褐色で、
  • はっきりとした顔立ちの人が多く、
  • ファッションやメイクにもとても気を使っていて、
  • 綺麗な人が多い

ということ。

しかしながら、マレー料理がみんな高カロリーだからなのか、民族衣装が超ゆったりだからなのか、マレー系の女性たちは年齢とともにどんどんふくよかになっていく人が多い。

私の友人や元同僚の中にもマレー系シンガポール人がたくさんいるのですが、

当時はスリムでおしゃれで惚れ惚れするほど美しかった彼女たちも、今は結婚して出産して、みんなまん丸ママに。(´⊙ω⊙`) 

あ、私も人のこと言えないか。

③ インド系シンガポール人

シンガポールに住むインド人女性たちは、そのほとんどが南インドがルーツの、肌が浅黒くエキゾチックな顔立ちの女性たちです。

もともとインドでは『女性はより豊満な人が美しい』とされていたことから、インド人女性は比較的太めの人が多く、

民族衣装のサリーからお腹のお肉がもっこりはみ出している姿がむしろセクシーだと言われてきました。\(^o^)/

でも最近は、メディアやミスコンなどの影響で『美の概念』が大きく変わり、特に若い女子たちの間では『スリムな方が綺麗』という考え方にすっかり変わったようです。

今では彼女たちはファッションにとても敏感でおしゃれな人が多く、若い人は露出の多い大胆なファッションで出歩く人もたくさんいます。

美白命!インド人女性の白肌願望
インド人といえば滑らかな黒色の肌が特徴的ですが、実は彼女たちは『そうは言っても少しでも白い肌になりたい』と、日々美白クリームなどを塗りこむことに余念がないのです。 ボリウッド映画などでスリムで色白なインド女優さんたちが活躍するようになって、さらに美白への意識が高まり、インド人専用の美白化粧品なども開発されています。

シンガポール人女性の性格

シンガポール人女性たちは、まずナチュラルに物腰がけっこう乱暴で喧嘩腰な人が多い。

そして質問に対する答え方も超ぶっきらぼうなので、彼女たちのことをまったく知らずに接すると

アンディ

な、なんか怒ってる??

とたじろいでしまう日本人は少なくありません。

私もシンガポールで働いている時に、無愛想な彼女たちに【接客トレーニング】をするという地獄のようなタスクを課せられ、毎日心が擦り切れそうになっていたのを覚えています。

ホテルのフロントスタッフなのに

  • 笑わない
  • すぐムッとする
  • お客様に上から目線でものを言う

というなかなかの強者たちに接客の基本を教えると、

『Why must I do that?』(なんで私がそんなことしなきゃいけないの) 

と聞かれて愕然としたことも。

① とにかくいろんな意味で強い

それもそのはず、シンガポール人には彼ら独特の国民性があって、とにかく競争心が強く、時間も労力も『損』をするのが大嫌い。

ホテルの客とはいえ、自分にダイレクトに利益にならないならば笑顔の一つだって無駄にはしたくないというわけです。

▽関連記事:シンガポールの国民性『キアス』について▽

シンガポール人の性格や特徴【キアス】とは?|ユニークな国民性を理解して上手につきあおう

この記事を読むとシンガポール人の考え方がすべてわかるのですが、それに加えてシンガポール人女性たちはこの『キアス』根性が男性よりも露骨に強く、自分の信条だけは絶対に曲げないので、良くも悪くもとても『強い』という印象を与えるのです。

② 常に主導権を握りたい

シンガポール人女性たちは何事においても主導権を握りたがります。

それは意識的に『主導権を握ってやるー!』と頑張っているというよりは、

とにかくせっかちでなんでもパッパと済ませたい性分

なために、他人に任せておくと時間がかかって仕方ないとイライラしてしまうのです。

またその優秀さや頭の回転の速さから、確実に自分の能力の高さに自信があるので、旦那や同僚、時には上司にまで、超早口で正論をまくしたてます。

これがシンガポール人男性が『弱く』なっていく原因の一つです。

ちなみに私の一番仲の良い女友達は中国系女子ですが、彼女は自分が『一家のボスだ』と言い切り、

Husbands have to know that wives are always RIGHT』(妻の言うことはいつも正しい)(`・ω・´)

とやたら上から目線できっぱりと言っていました。

そんなことを言われても『そうだね〜』と笑顔で見守ってくれる広い心の旦那さんなので、ちょうど良いバランスが保たれているのかもしれませんね。

③ 男女平等は当たり前、むしろ女性上位かもしれない

 

結婚しても一生共働きが当たり前のシンガポール。

彼らは『男女平等』なんてのはもう【当たり前すぎてわざわざ語る意味がわからない】くらいの社会で育ってきました。

子どもの頃から厳しいお受験戦争を戦い、なんだったらそこら辺の無能な男はどんどん蹴落として上にのし上がってきたシンガポール人女性たち。

最近ではシンガポールの大学進学率は、男性より女性の方が上回ったそうです。

そして一生共働きが当たり前のシンガポールでは、女性が出産しても3〜4ヶ月で職場復帰し、家事も子育ても親やメイドさんにまかせっきりで『仕事に集中する』のが常識。

なので、

結婚・出産が彼女たちのキャリアの足かせになることはないのです。

シンガポール人女性の特徴まとめ

まさに『男勝り』に働き、バリバリと社会で活躍するシンガポール人女性たち。

ともすると彼女たちは『女性らしくない』とか『冷たい』『恐い』などの印象を与えてしまいがち。

その印象もあながち間違ってはいないのですが、

それでも彼女たちのきっぱりとした態度や、自分の信条を決して曲げることなく誰にでも物申す姿は、ある意味では誰にも媚びない、100%素直であることの表れ。

人間関係においても彼女たちには裏表なんて一切ありません。

そんな彼女たちの強さに翻弄されながらも、時間をかけて少しずつ理解しあって友達になると、実はあのぶっきらぼうでサバサバした態度の中にも、彼女たちなりの思いやりや優しさがあることが、ちゃんと伝わってくるものなんです。

もし今後シンガポール人女性と出会うことがあったら、ぜひ彼女たちの『強さ』の背景にはこんなワケがあるんだなぁ、とこの記事のことを思い出してみてください。

彼女たちに悪気は一切ありませんので、警戒せずに真正面から戦ってみてくださいね!

▽こちらの記事も読まれています▽
シンガポール人の働き方【日本人との違い】 シンガポールの教育事情【学力は世界一!子どものストレスも世界一⁈】 【働くママにはシンガポールは最高⁈ 】シンガポールの子育て事情

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です