海外生活で圧倒的に英語を上達させるコツ 【海外にいるだけでは英語力は変わりません】

海外から帰ってきて9年も経ったら、その昔は海外で、英語だけで仕事や生活していたことすら忘れちゃってる日の方が多い、のりこです。

先日ドイツ人と結婚した友人が一時帰国したので一緒にランチをして、久しぶりに英語を使ったら、自分のあまりの英語の出てこなさに白目むきっぱなしでした。

 

世の中には、せっかく語学留学やワーキングホリデー、転職などで海外に行っているのに、いつまで経っても英語が上達しない人って、けっこういるんです。

そういう人の多くが、

海外にさえ出てしまえば自然にできるようになるでしょ (^。^)

という、壮絶に脳天気な勘違いをしています。

▽関連記事:語学留学はけっこう失敗しますよという話▽

語学留学は意外と失敗する【失敗する理由と成功させるコツ】

英語が上達しない人

もう何年も海外にいるのに、さっぱり英語ができるようにならないなぁ。映画を見ても字幕がないとさっぱりわからないまま。どうしたらいいのか知りたいな。

そんな人に向けて、今回の記事では、

せっかくの海外生活で、しっかりと英語を上達させるコツ

をご紹介したいと思います。

私自身の英語学習歴

ちなみに私のこれまでの海外での英語学習歴はこんな感じです。

  • アメリカに短期語学研修1ヶ月
  • オーストラリアに語学留学1年間
  • シンガポールに海外転職7年間

そして現在は、日常的に英語を使うことはほとんどありませんが、TOEIC945はキープしている状態です。

まわりからは『絶対B型でしょ!』と断言されるほどの【B型オーラ】を放っている私ですが、実はわりと悩み症なところもあり、語学留学中や海外転職後に、

自分の英語力はちゃんと成長しているのか、ここ(海外)で学んでいることはちゃんと実になりつつあるのか?

といつも不安でしたし、いつまで経っても【完璧】に喋れないことに焦りを感じたりもしていました。

でも今となって客観的に振り返ってみると、確実に、着実にちゃんと英語力は伸びていたことがわかります。

なのでこの記事では主に、

  • 海外に出てからも英語力に不安を持ち続けている人や、
  • せっかく海外にいるのにも関わらず、そのチャンスをうまく活かしきれずにいる人

に向けて、

海外で、圧倒的に英語力を伸ばすコツ \( ˆoˆ )/

をお伝えしたいと思います。

どうせ【完璧な英語】をしゃべるなんてムリと開き直る

日本人の英語学習者の多くは、なぜか

ネイティブのような【完璧な英語】を話さなければいけない!

という謎の強迫観念を持っていて、【完璧】になるまではなかなか人前で話せなかったりするものです。

実は私も、もれなくそう考えていた人間の一人でした。

でも、落ち着いて。

日本という国に生まれて、日本人しかいない環境で日本語で育てられたんですもの、どう頑張ったって、【完璧な英語】なんて話せるわけがないのです。

だから、全然【完璧な英語】なんて話せなくてOKなんです。最初からムリなんだから。

つい完璧主義の日本人は英語に自信がないと『無口』になってしまうのですが、以下のことを覚えておいてください。

  • 間違っててOK
  • なまっててもOK
  • できない自分を許してOK

どんなレベルの英語だろうが、とにかく日常的に英語を話し続けることが上達への第一歩です。

のりこ

ちなみに私の場合は海外転職したシンガポールで、ほぼ1から英語を学び直しました。その結果、わりとすごいシングリッシュが身についてしまいました。でもシンガポール人と話す時はシングリッシュの方が自然なので、強い訛りなんて気にしてません。

パートナー/友達を作る

とにかく語学の上達には『日常的に使う』ことと、それを『継続する』ことが必須条件。

でも留学中や海外転職をした直後は特に、わりとずっと一人だったりするんですよね。

なので、ここで必要になってくるのが

『英語を使ってコミュニケーションを継続的に取れる相手』

です。

できれば「友達」よりもローカルの彼氏/彼女を作るのがベスト。

彼氏/彼女はただの「友達」よりも距離感が近くてほとんど四六時中一緒にいるので、

爆発的に英語力が上がること、間違いありません ( • ̀ω•́  )✧

ローカルの「友達作り」最初は苦痛

とはいえ、彼氏/彼女とかはいらない、という人にはぜひ「ローカルの友達作り」をすることをおすすめします。

英語を話す人なら誰でもいいというわけではなく、出来るだけ『現地の人』が良いです。

その理由は、言語ってのはそもそも文化の一つに過ぎないわけで、言語単独で学習するよりもその土地の人から文化も丸ごと教えてもらえた方がより知識が深まるからです。

でも、このローカルの友達作りは、初めはとても苦痛です。だって、

  • 英語ができないというだけで、話についていけないから楽しくない
  • 英語ができないというだけで、なぜか最初から人間関係の立ち位置は『下』になっている

こんなところから始めなければならないのですから、楽しいわけがありません。

私自身も、最初はとっても居心地の悪いところから始まりました。

SNS、メディアを最大限に使いこなす

今の時代は本当に便利になったもので、SNSを駆使すれば、

  • 必要な情報(現地情報や言語の特徴など)
  • 友達候補(あらかじめどんな人なのか調べておける)

などがすぐに見つかるようになりました。

もはや英語を練習する相手は、『飲み屋で偶然隣に座った』なんて素性の知れない人ではなく、前もってじっくり調べた上でお付き合いができる人を募集する、という形式にもできるのです。

『英語学習者』が『英語学習者』に向けて発信する情報

それらのSNSの中にはいろんなジャンルの人が存在していて、ツイッターなどでは

ネイティブと会話する上でよく使うフレーズ

なども紹介されています。

そういうのをどんどん活用して、少しずつ積み上げていくスタイルも悪くないかもしれません。

オンライン英会話も普通に活用

友達や彼氏/彼女を自分の『英会話』の勉強の相手にしたがらない人も実はたくさんいます。

シャイな人

英語学習者の中には、赤の他人とだったらいくらでも英語が出てくるんだけど、友達や知り合いが相手だと恥ずかしくて急に何も話せなくなってしまう人もいるんですよ

そんな人には今や取り入れるのが当たり前になりつつある『オンライン英会話』が断然お勧めです。

▽参考:定評のあるオンライン英会話▽

まとめ

せっかく語学留学や海外就職で海外にいるのに一向に英語が上達しない人に向けて、こんなことをすれば英語は圧倒的に上達しますよ、というのをいくつかご紹介しました。

海外に出てさえしまえば、あとは自動的に喋れるようになる((o(^∇^)o))

なんて【魔法】は、言語学習に関しては一切存在しません。

ただ、上達するために必要なことはいたってシンプルで、とにかく

日常的に英語を話せる環境を作ること

です。

その手段さえ選ばずに貪欲にいけば、必ずや英語は劇的に伸びます。

ぜひトライしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です