シンガポールのココが最高!|7年間シンガポール人と暮らした私がしみじみ感じる『シンガポールの良いところ』

旅先を決めかねている人

そろそろ海外旅行に行きたいなぁ。次に行くならどこがいいかな?シンガポールも楽しそうだけど、どんなところなのかしら。

こんな疑問にお答えします。

シンガポールに7年間住んでいました、のりこです。

シンガポールでは、ローカルと同じ雇用条件である”現地採用”で働き、またプライベートでもシンガポール人の彼と一緒に暮らしていました。

生活の基盤がすっかりシンガポールになってしまい、当初『非日常』だったはずの海外暮らしが『日常』に変化していたとき、当時は目の前にある『シンガポールの良いところ』にまったく気づいていませんでした。

”気づいていなかった”というよりは、それが当然だと思っていたのです。

本記事では、その後日本に帰国してみて初めてわかった、シンガポールの素晴らしいところをご紹介したいと思います。

この記事はこんな方におすすめです
  • 旅行先の候補にシンガポールが入っているが、今一つ決定打になる魅力がわからない
  • シンガポールに行くことは決まっているが、在住者だからこそ知っている便利な情報を知りたい
  • ただただシンガポールが好きで、情報や知識を深めたい

シンガポールの良いところ① 食べ物!

シンガポールといえば、世界中の美味しいものが集まるグルメ大国としても有名ですよね。

世界のオーセンティックな料理が多数揃っている

シンガポールには世界各国のレストランがたくさんあるのですが、そこで出される料理が限りなくオーセンティック(本場モン)なものであるということ。

例えば『インド料理』。

日本にあるインド料理屋さんにはこんな感じのお店が多くないですか?

  • 日本人が日本人の口に合うように作った『インドカレー風』なもの
  • 店にインド人シェフはいるけれど、そのシェフは『インド人』なだけで祖国で料理人だったかどうかは疑問
  • 雰囲気はインド風だがよく見ると『なんちゃって』感でいっぱいの普通の日本のカレー屋さん

こんな具合に、ほとんどが日本人が安心して食べられるように形を変えたものが提供されているところが多いのです。

一方シンガポールでは、

  • 超一流の料理人がその店の看板や味を守りつつ同じクオリティのものをシンガポールでも展開している
  • 世界の名店で修行し、独立したシェフがシンガポールに店を構えた
  • シンガポールに移民として流入してきた『料理人』一家が祖国の味をそのままシンガポールで継承している

こんなお店がほとんどです。

インド料理のお店を比較してみてもわかるように、シンガポールの場合はインドで料理人だったじーちゃんがシンガポールに移住して店を開き、息子たちが代々受け継いでいるというものがほとんど。

そこに『なんちゃってインド感』なんてものは存在しません。

カレー大好きマン

シンガポールのインド料理屋さんは南インドがルーツのものが多いんだよ!スパイスがきいたシャバシャバのカレーとご飯を指で混ぜて食べるのが美味。

▽心配な海外での予約を代行してくれるサービスも▽

多民族国家だけにいろんな食文化が楽しめる

またシンガポールは中国系、マレー系、インド系など、違う民族が共存している多民族国家。

それぞれの民族がシンガポールに持ち込んだ庶民派料理が、今ではB級グルメとしてホーカーセンターやフードコートなどで気軽に食べられます。

また外食文化が盛んなシンガポールでは、ほとんどの食事を外食ですませます。なのでお昼や夕方になると、シンガポール中の人が食べに出てくるので、どこもとても賑わいます。

▽こちらの記事でたくさんのローカルフードを紹介しています▽

シンガポールのおすすめ朝ごはんはコレ!ホーカーズで必ず見つかる激ウマローカル朝ごはん【中国系8選】 シンガポールのおすすめ朝ごはんはコレ!ホーカーズで必ず見つかる激ウマローカル朝ごはん【マレー・インド系11選】

シンガポールの良いところ② 交通機関

通勤ラッシュがない

もちろん『まったく混まずにいつもガラガラ!』なんてことはありません。

朝の出勤ラッシュの時間は、MRT(地下鉄)はぎゅうぎゅうになることもありますし、ビジネス中心地区に向かう道路は多少渋滞することもあります。

ただ、日本のそれとはまるで比較にならないのです

確かにみんな同じような時間に出勤しているのですが、

  • ピーク時には数分ごとに電車がくるので、満車になったら誰も無理に乗ろうとはせず次の電車がくるのを待つ(本当にピーク時は次から次へと電車がくる)
  • お互いに体が触れるレベルで密着することはない
  • バスもMRTも、待っている間は誰も並ばないが、ドアが開くなりバーっと入って、きちんと奥に詰める良識人たち
  • 渋滞緩和のためにビジネス中心地区への進入はERPと呼ばれる電子通行課金制度を設けて、自家用車での通勤を制御している

とこんな感じで、いろんな角度からの取り組みによって、日本のような地獄を味わうことはないのです。

タクシーが安くて便利

またシンガポールのタクシーはとにかく初乗り料金からして日本の半額以下とあって、とにかく使い勝手が良いのです。しかもシンガポールは、その国自体の大きさが東京23区とさほど変わらないとあって、

どこに行くにもほぼ20分

で行けちゃいます。

シンガポールでの滞在時間が短い時などは特に、バスやMRTをあれこれ駆使するよりも目的地までタクシーでピューンと行ってしまった方が圧倒的に効率的だったりします。

ただし、シンガポールのタクシーには、日本人が「ぼったくり?」と勘違いしやすい料金システムもあるので、ちょっとだけ注意が必要です。

▽日本人が「ぼったくり?」と勘違いしがちなシンガポールの料金制度▽

シンガポールに【ぼったくり】は存在する? 【シンガポールの勘違いされやすい料金システム】

空港から中心部までが近い

シンガポール旅行を計画するときに、本当に助かるなぁと思うのがコレです。

『空港⇄市街地』が、めちゃくちゃ近い\(^o^)/

なにせ空港から出てタクシーに乗れば、どこに行くにもほぼ30分で到着します

コレって実は、どの国に行ってもほぼありえないことなんですよね。そして意外とストレスになるのが空港から市街地やホテルまでの長ーい道のり。

旅行帰りの人

成田空港なんてすごいですよね、バカでかい荷物を持って成田エクスプレスに乗り、なんとそこから東京まで出るのに1時間。しかもそのチケットも安くない。東京駅に着いたら果てしなく長いエスカレーターを何階も上がってやっと地上へ。もうクタクタ!

それがシンガポールではものの30分です。長いフライトの後でも疲れ方が違いますし、その後のシンガポールでの滞在時間が有意義に過ごせることは間違いありません。

シンガポールの良いところ③ 心地よい場所

シンガポールって、街は綺麗だしどこに行っても活気があって元気をもらえる。これは私がシンガポールに移住した十数年前から今もずっと変わらないこと。

とにかくシンガポールという国にいることだけでも、なんだかグッと運気が上がったような気がするんです。

国中にパワースポットがある

シンガポールはその国自体が風水で作られていると言っても過言ではないほど、あらゆることの決定を風水に委ねてここまで発展してきました。

▽関連記事:シンガポールは風水でできている話▽

【シンガポールの風水事情】行くだけで運気爆上がり!国全体がパワースポットと言われる所以とは

街のあちこちには富を象徴する『水』を使ったものや、『龍穴』のあいたおかしな作りのビルなど、いろんな形で運気を上げる工夫がされています。

そんなシンガポールにいると、国中のいろんなところからパワーをもらって、本当に元気になれます。

まとめ

シンガポールに住んでみてわかった、シンガポールの『最高なところ』をご紹介しました。

もちろんどこの国でも、そこには『良いところ』と『悪いところ』の両方があるわけですから、シンガポールだけが本当に無敵に最高だとは言いません。(悪いところもいずれ紹介すべきか迷っています)

それでも上記でご紹介したのは、

シンガポールにあって、日本にないもの』。

日本での暮らしに疲れちゃったら、5日間だけでもいいから休みを取ってシンガポールに行ってみてはいかがでしょうか。

きっと心も体もリセットできるはずです。(^。^)

3 COMMENTS

ゆきどう

超出不精な私がシンガポールに行きたくなってる…🤤 5日間行くとしたらいくらくらい💰かかる?(端的な質問)

返信する
noriko

初コメントありがとうございます!
使う航空会社、泊まるホテルによってかなり差が出るけど、ピーク時を避ければ10万くらいでOKだよ〜
どローカルなところで飲み食いすればかなり安上がりだしね!

返信する
ゆきどう

ふむふむ🤔それくらいなら1〜2年に一度の旅行に捻出できる金額だね〜。疲れてしまう旅より元気にリフレッシュする旅をしたい。良いかも🤗

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です