三日坊主をぶっとばせ!新しく始めたことをちゃんと継続する方法【継続は力なり】

何も長続きはしないけど、いろんなことを始めてみるのは大好き、のりこです。

今、私の周りには、

  • 弾かないピアノ
  • 飛ばないトランポリン
  • 広げないヨガマット
  • 減らない美容酢

などが、日々視界には入っていながらもさっぱり出番が巡ってこないまま、いたずらに転がっています。

そう、私はとっても新しモノ好き。ヽ(´▽`)/

楽しそうなことはやってみたいし、痩せると言われればすぐに取り寄せるし、興味があればわりと高価なものだってポンと買ってしまう太っ腹ぶりです。

でもどうでしょう。何も続いていないんですよね。

  • ピアノ→ 中古の電子ピアノを買ったものの、楽譜をアマゾンで買って満足。
  • トランポリン→ たまに子どもが遊んでいるがほとんど洗濯物を置く台に変化。
  • ヨガマット→ 痩せるって言われたけど痩せなくて面倒になってきちゃった。
  • 美容酢→ すっぱくて飲むのに勇気が必要。

最近では何か『あ!いいな!』と思うものを見つけても、

いや、私は結局続かないからな。( ´ ▽ ` )

と潔く「買わないでおく」と言う、逆の意味で強い心を持てるようになってきました。

でも、ちょっと考えてみてほしいのです。

たとえ私のような三日坊主常習犯の人でも、実はその一方で『ちゃんと継続できているもの』も、必ずあるはずなんです。

その『継続できているもの』のメカニズムさえわかってしまえば、あとは「三日坊主になりそうなこと」をその仕組みに当てはめてしまうだけで、同じように継続できるようになるのでは?と考えたのです。

本記事では、そんな三日坊主常習犯の私でも継続できたことの中から、継続するためのモチベーションがどのように維持されたのかが見えてきましたので、ご紹介したいと思います。

この記事はこんな人におすすめ
  • 色々と新しいことを始めてみるけど何も続かない
  • いつも最初ははりきって決意するのに、全然長続きしない自分がイヤになり始めた
  • 昨日はやる気マンマンだったのに、今日はもうやりたくない
  • 継続とかモチベーションとか、もう聞きたくない

サヨナラ三日坊主、いらっしゃい「ちゃんと継続する自分」

毎年、新年や新会計年度を迎えると必ず『今年の抱負』とか『今年の目標』なんかを発表しあったりして、自分の中でも今年こそは変わってやる!と息巻いちゃったりしますよね。

でも、その決意も1時間後にはどんどん頭の中からこぼれ落ちて、だいたい1日後にはすっかり忘れて、気がつくとすっかり去年と同じ自分に収まっている。

どんな小さなことであれ、これまで自分の生活になかったものを取り入れて、それを習慣化するというのは実は至難の技。だって、人の脳は常に『元の自分に戻ろう』とするパワーが働いているんですもの。

今度こそ変わりたい人

でもそんなことを言っていたら、50歳になっても60歳になっても、今の自分のまま! むしろ寄る年波に勝てずにどんどん衰えていくだけ。なんとかしないと!

そうなんです。このままではただの老いぼれになって人生終了です。

始めたことを継続する方法① 強制的に続けるマインドセット

ここでご紹介しておきますと、この根性なしの私が今でも継続できていることは、

  • 禁煙(喫煙歴20年くらいでした)
  • ブログを毎日更新する(本記事で176日目)
  • 英語学習(お気楽に続けて現在TOEIC945)
  • 主婦業、母親業(できることなら料理とかしたくない)

この4つくらいです。

この4つに共通して言えることは、

『続けなくてもいい』『やめてもいい』という選択肢を、自分の中からまるごと排除した

ということ。中でも一番記憶に新しいのは禁煙です。止めたのはいいけれど、必ずすぐにやってくる

心の中のおっさん

吸いたいな〜 吸いたいよな、やっぱり?そうやって我慢してストレス溜めてる方がよっぽど体に悪いぞ?ほら、吸っちゃえよ

という『禁煙を続けなくてもいいんじゃないか?』という自分の欲求に甘い選択肢。

でも私の場合はもう「タバコを吸う」「タバコを買う」「タバコを触る」という選択肢自体を放棄して、吸わない時間をただ無心で積み重ねることで継続することができました。

「ブログを毎日更新する」についても同様で、これは私の「仕事」なので、毎日普通にやるのが当たり前なので、『それをしない』という選択肢を頭の中から排除しました。

のりこ

それでも心の中の悪いおっさんはいつも「今日はお休みしてもいいんじゃない?」と囁いています(笑)

始めたことを継続する方法② 目的手段を分けて考える

新しいことを始めてみようと思う時、そこには必ずそれによって達成したかった『目的』があったはずなんですよね。

その『目的』とは、言い換えれば『モチベーション』であって、そのモチベーションをいかに維持するかによってそれを達成できるかどうかが決まってきます。

ここでも私のケースを例にして説明してみます。

禁煙』に対する目的と手段

私がタバコをやめたいと思った一番の理由は、

喫煙を続けるとシミやしわなどが増えて、『汚ねぇオバサンになる』という危機感

でした。なので、私の禁煙に対する「目的」と「手段」は、

  • 目的:汚ねぇオバサンにならない=キレイな肌と歯の若々しい自分になる
  • 手段:タバコを吸わない

という、至ってシンプルなもの。ところがこの『目的』部分は、どうしても日々の生活に忙殺されてしまうと、だんだんぼやけて見えなくなっちゃうんです。するとつい、

禁煙してた人

なんのためにこんな辛い思いをして禁煙してるんだっけ?

とわからなくなって、モチベーションが保たれずにめげてしまうというわけです。

始めたことを継続する方法③ 楽しいことと組み合わせる

自分の習慣になかったことを始めるというのはなかなか定着しないもの。

それを定着させるためには、『自分へのちょっとしたご褒美』を考えるのも一つの手です。

これは、うちの犬を見ていて気づいたのですが、

犬は、ボールを飼い主のところに持って行けばおやつがもらえることを知っているから何回でもボールを取りに行く。これがおやつも何もなくただボールを取りに行かされているだけならば、そんなの全然楽しくないのでボールを取ってくるなんてことはしない。

私たち人間も、おやつをもらうためにボールを取ってくる犬と一緒で、そこに何か楽しいものや嬉しいものがなければ、継続する気になれない、つまり「モチベーションが維持できない」のではないかと思うのです。

『英語学習』はやった先の楽しいことに直結していたから続けられた

先述のとおり、私がこれまで継続できた数少ないものの一つに、『英語学習』があります。

私にとっての英語学習は、

  • 英語ができたら旅行がもっと楽しめる
  • 英語ができたら海外移住できる
  • 英語ができたら外国人の彼氏ができる
  • 英語ができたら将来ワクワクする仕事ができる

と言った具合に、見事に私の『好きなこと』や『ワクワクすること』に直結していたので、今まで約20年も学習を続けて来ることができました。

その継続が高じて海外就職や海外移住にも繋がったわけですから、やっぱり目先の大変さを圧倒的に上回る『楽しみ』があることが継続への一つの方法だと感じます。

始めたことを継続する方法④ 小さな成功体験をきっちり拾う

実を言うと私は、私のダイエットが続かない理由を知っています。

それは、『すぐに痩せないから』です。

楽して痩せたくてホットヨガにも行き始めたし、美容に良いと聞けばその酢も買ってきました。最初のうちは効果が出ることを信じてウキウキしながら始めるのですが、

そんなことですぐに何キロも痩せられるくらいなら、世の中にデブはいない

ってわけですよね。そして一向に目に見える成果が上がらないと、

なんのためにやってるんだっけ?σ(^_^;)

という得意の『目的』を見失って挫折するパターンにまんまと引きずりこまれるのです。

なので、何か新しいことを始めたら、

無理やりにでもそれを始めたことで得た『小さな成功体験』や『効果』を見い出して、大げさに受け取る

というのが継続へのキーになるのではないかと思うのです。

ちなみに私が最近始めて継続できているのは、腸内環境を整えるビフィズス菌のサプリなのですが、それを飲んだ翌日、

なんだかいつもよりめちゃくちゃ快適に出た!(ような気がする)

(((o(*゚▽゚*)o)))

と言う本当に小さな成果をちゃんと拾いあげて喜んだことによって、今では

毎日飲んで、どんどん快腸になるのが楽しみ

と言う境地になってきているのです。

まとめ

なんだかんだ言っても、新しいことをどんどん始めてみるのって、いいことだと思うんです。

もしかしたら、どんどん始めてみてもどんどん三日坊主になるかもしれません。

それでも自分の中で、『これだけは続けたい!!』と強く思えるものが出てきた時に、上記でご紹介した『継続する方法』を発動させてみると良いのではないかと思うのです

どんどん始めて、どんどんやめる。三日坊主になることを恐れて挑戦しなければ、またいつもと同じ、『今年こそは変わるぞ!』と意気込むだけの新年がやって来るだけですからね。

1 COMMENT

ゆきどう

知らないうちにタバコやめてたね〜!ビックリしたよ!
「目的」を「毎日」積み重ねるしかないよね〜。辛い気持ちが快感や自信になるまでが…!長い…!!😅

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です