やみつき必至!シンガポールで愛され続けるポークジャーキー【バクワ】のすべて

シンガポールに行くと、店頭で『薄くて四角い肉』みたいなものを何枚も何枚も積み重ねて売っているお店を見かけます。

そしてそこからは、甘〜く香ばしい、なんともいえないおいしそうな匂いが。

看板には漢字で『肉乾』の文字。

旅行者

一体この積み重なっている肉のようなものは、なんなのかしら?ちょっと興味はあるけど買ってみるのはなんだか怖いな…

と気になりながらもそのまま素通りして来た人も多いのではないでしょうか。

その正体は、『バクワ(Bak Kwa)』と言う食べ物。

おそらく聞き慣れない言葉だと思いますが、シンガポールやマレーシアではとても有名なポークジャーキーのことです。

本記事では、シンガポールで古くから愛されている福建省の珍味【バクワ】について詳しく解説したいと思います。

この記事はこんな人におすすめ
  • バクワがどんな食べ物で、どう食べるのかを知りたい
  • シンガポールやマレーシアで「バクワ」を見かけたけれど、どうやって買ったらいいのかわからなかった
  • シンガポールで食べて美味しかったので、日本でも食べられる方法を知りたい

一度食べたらやみつき!『バクワ』ってどんなもの?

バクワ【Bak Kwa|肉乾】とは、

甘く味付けしたミンチ肉を成形して干し、炭火でこんがりと焼き上げたもの。

シンガポールやマレーシアでは、主に旧正月に、友人や親戚が来訪した時に振るまわれるのが一般的で、旧正月が近づくとチャイナタウンのバクワ専門店には長蛇の列ができるのが風物詩になっています。

店頭では様々な形のバクワが売られていて、一番ポピュラーなものはスライスポーク。他にも食べやすい一口サイズに成形されているものや、賞味期限が長く持ち運びにも便利な真空パックもあります。

使われている肉はポークが代表的なのですが、お店によってはビーフやチキンも作られています。

そもそもバクワはどこから来たの?

そもそもバクワは、中国の福建省で作られていた保存食がそのルーツなのだそうです。

その福建人が東南アジアに移住したときに、彼らの保存食であるバクワも一緒にやってきたというわけ。今ではシンガポールやマレーシアだけでなく、香港、タイなどにも広がっています。

バクワってどんな味

店頭で売られているバクワは、一見硬そうに見えるのですが、実はとっても柔らか

ひと口食べるとまず炭火で焼いた香ばしい香りが口の中に広がります。そして柔らかな歯ざわりで噛めば噛むほど肉の質感もちゃんと楽しめます。

食べてみた最初の印象は、『甘いな』という人が多いようですが、それもそのはず、バクワを作る時にはたくさんの蜜を丁寧に塗って焼き上げられているのだそうです。

美味しい食べ方は、基本的には『そのまま』食べるのが一般的なのですが、食べる直前にフライパンやトースターなどでさっと炙るとさらに柔らかくなるのでおすすめです。

バクワの買い方は?

店頭の焼きたてバクワは基本的にはグラム売りになっています。必要な分だけお店の人に注文すると包んでくれます。

シンガポール人の場合は、ほぼ年に一度、旧正月の時に大量に買うことが多いので、ほとんどの人が500gか1kg単位で買って帰るようです。

店頭で注文するのがちょっと不安な人には、そのままレジにすぐ持っていける真空パックタイプのものもたくさんあるので、その中から選ぶのがおすすめです。

バクワは高級品

ちなみにこのバクワは、決して安くありません。(目安としては1kg約5000円ほど)

それもそのはず、混ぜ物なしでミンチ肉が100%使われていて、調味料も完全無添加にこだわっているのです。手間暇かけて作られている分、シンガポールではちょっとした高級品です。

旧正月に親戚や友人が集まる時に『高級品』であるバクワを振舞って『豊かさ』をアピールするあたりがさすが中国人といった感じですね。

バクワは日本に持ち込み不可!『通』の楽しみ方

ここまで推しておいてなんなのですが、実はこのバクワはれっきとした肉製品。そのため真空パックになったお土産用のものであっても、日本への持ち込みは不可なんです

お店によっては店員さんが『免税店だからここのは大丈夫!』などと適当なことをいう人もいるようですのでご注意。日本へはどんな形態になっていても、バクワは持ち込めません。

肉製品の違法な持ち込みは絶対NG!
海外のたくさんの国で、口蹄疫や豚コレラなど、深刻な家畜の病気が発生していることから、日本ではこれまでも海外からの肉製品の持ち込みを禁止していました。

しかしこれがなかなか徹底されず、ダメ元で肉製品を持ち帰る日本人旅行者が後を絶ちませんでした。

そこで動物検疫所は2019年4月22日から肉製品持ち込みの取り締まりを強化、こっそり持ち込んだのがバレた場合は、その場で破棄したとしても罰則が課せられることになりました。

参考 肉製品などのお土産について(持ち込み)動物検疫所

ではどうやってこのバクワを楽しめって言うの?

大丈夫です。バクワの魅力に取り憑かれた猛者たちの楽しみ方をご紹介しましょう。

シンガポール旅行に行った時に思う存分食べる

これは私自身の楽しみ方ですが、シンガポールに行ったらまずはこのバクワ専門店を覗きに行きます。

そしてそこで焼きたてのバクワを数枚と、その時の気分によって、チリフレーバー(唐辛子入り)やチキンバクワなど真空パックになっているものも購入。

それをホテルに持ち帰って、シンガポール滞在中にちびちびとおやつがわりに食べます。

日本のバクワショップに行って買う

実はこのバクワ、2016年に日本にも進出しているんです。

銀座に店を構える『美珍香(Bee Cheng Hiang)』は、シンガポールだけでなくアジア各地に支店をもつバクワの有名店。シンガポールの味がそのまま日本でも楽しめてしまいます!

価格はやはり本場シンガポールで買うよりもやや割高。ものにもよりますが、グラム単価2割増しくらいと思って良さそうです。

美珍香(Bee Cheng Hiang)

東京都 中央区 銀座 5-6-9(銀座駅から128m)

日本でバクワをお取り寄せする

地方に住んでる人

たしかに日本にもお店はあるけれど、、地方に住んでいるからわざわざバクワを買いに東京までなんて行けない… それでも食べたいんだけど…

実は私もそうです。地方に住んでいる人にとっては、わざわざ東京まで行くとなると『バクワを買いにいく』だけではちょっとモチベーションが弱すぎるんですよね。

そんな時には躊躇なくお取り寄せを選びましょう。


\小分けになって真空パックはとっても便利/

ちなみに私の個人的なおすすめは、EZパックと呼ばれる小分けタイプのもの。スライスタイプは一度開けてしまうと、そこから切って、食べきれない分をジップロックに入れたりと手間がかかるのですが、これは食べたい時にパッと1個だけ開けて一口で食べられます。

自分でバクワを作って食べる

なんと、調べたところどうやらバクワは家で作って食べられるようです。

しかもこの動画を見て、あの美味しさはやっぱりたっぷりと塗る蜜によるものだったのかと再確認。

おつまみ感覚でパクパク食べてしまうのですが、恐ろしいほどの高カロリーですので食べ過ぎには要注意です。

\バクワを自宅で!レシピ動画で紹介されています/

アレンジいろいろ!バクワの食べ方

さて、そろそろバクワがどんな味なのか、試してみたくてうずうずして来た頃でしょう。

香ばしく炭火で焼いたバクワをそのまま食べるのももちろん美味なのですが、その濃いめの甘じょっぱさは、実は様々な料理にアレンジしても旨味がぼやけることはありません。

バクワサンドイッチ

バクワはパンにもご飯にも合うのですが、シンガポール人は旧正月明けなどには残ったバクワを食パンに挟んで朝ごはんに食べたりします。

バクワ自体にしっかりと味がついているので、他にはなんの調味料も不要。野菜やチーズ、卵などを挟む人もいるようです。

バクワカルボナーラ

バクワを細切りにしてベーコンの代わりに使ったスパゲティ・カルボナーラ。

私はこれはまだ食べたことがないのですが、おそらくベーコンと同じようにクリーム全体にバクワの豚肉の旨味が出ているに違いありません。ベーコンよりもかなり甘めなのもポイントになりそうですね。

バクワ炒飯

これはチャーシューの代わりにバクワを使った炒飯。このようにバクワはそれ単体としておつまみ風にして食べる他にも、れっきとした料理の具材としても使われているんですね。

ただし、バクワは値段が決して安くないので、原型をとどめずこんな食べ方をするのはちょっと贅沢な感じもしてしまいます。

まとめ

いかがでしたでしょうか、もともとは中国福建省の人が東南アジアに持ち込んだ独特のバーベキューポーク、バクワ。

シンガポールを訪れた際にはあちらこちらにバクワ専門店を目にすると思いますので、ぜひ焼きたてを買って、ホテル飲みのお供にしてみてくださいね。

また、シンガポール人の友人などを訪ねる機会がある場合には、中国系の人であればこの手土産は本当に喜ばれますので、ぜひ日本からのお土産を忘れた時などに持っていくことをおすすすめします。

おせっかいなおばさん

バクワはあくまでも中国の食文化で、同じ「シンガポール人」といってもマレー系やインド系の人たちは宗教上の理由でポークやビーフが食べられませんので肉類のお土産は避けるのがベターよ!

\外国人への贈り物には注意!/

外国人への贈り物のタブー【外国人に贈ってはいけないプレゼントとは?】

 

▽こちらの記事も読まれています▽
シンガポール人が喜んだ!日本のお土産10選【リピート依頼された実績ありの失敗しないお土産はコレ】 シンガポールのソウルフード肉骨茶(バクテー)とは?|バクテーの歴史から美味しい食べ方まで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です