シンガポール名物【チキンライス】はなぜそんなに人気なの?間違いなく美味しいお店から作り方まで徹底解説

シンガポールに旅行中の一家

せっかくシンガポールに来たんだから、シンガポール名物を徹底的に食べ尽くしたい!やっぱり定番は「チキンライス」かな?チキンライスのお店にも【当たり外れ】があるのか知りたい。

こんな疑問にお答えしますヽ(´▽`)/

シンガポールに7年間住み、国内のあらゆるところでチキンライスを食べてきました、のりこです。

シンガポールといえば、チキンライスがあまりにも有名ですよね。

シンガポール国内には数限りなくチキンライス屋さんが存在し、各フードコートやホーカーセンターには必ず1軒は間違いなく入っているくらい、観光客だけでなくシンガポールの庶民の生活に密着した食べ物になっています。

それにしてもこのチキンライス、一体どこからやってきて、どのようにしてシンガポール名物になったのでしょうか?

本記事ではシンガポール名物チキンライスについて、そのルーツやシンガポールに広まったその経緯なども掘り下げつつ、シンガポールで確実に美味しいチキンライスが食べられるお店や、家庭でも作れちゃうそのコツまで、徹底的に解説したいと思います。

この記事はこんな人におすすめ
  • チキンライスがどうしてシンガポール名物になったのか、その理由を知りたい
  • シンガポールで食べられるチキンライスの種類を知りたい
  • シンガポールで絶対ハズレないチキンライスのお店を知りたい
  • シンガポールで食べたチキンライスがあまりにも美味しかったので、家で再現したい

シンガポール名物チキンライスはどこからやってきた?

チキンライス=『海南鶏飯』のルーツ

このチキンライス、漢字では上記のように「海南鶏飯」と書きます。この『海南』というのが中国南部の海南地方のことを指し、読み方は『ハイナン』です。

なので英語ではこのチキンライス、ただのチキンライスではなく、『ハイナニーズ・チキンライス』と呼ばれているんです。

チキンライス好き女子

というのも、シンガポールには「チキンライス」と言ってもいろんな種類のものがあるんです! それらと呼び分けるために、このチキンライスは『ハイナニーズ・チキンライス』と特定する必要があるのです。

このチキンライス、もともとは中国の海南地方の人が、秦王朝時代の4大料理の一つと言われる『文昌雞』をベースにして作ったもの。彼らがシンガポールに移り住んだ1920年代にこの料理も一緒に持ち込まれたというわけ。

チキンライスが広まったきっかけは…日本?

海南人が中国から持ち込んだ「チキンライス」の文化ですが、それがシンガポールに広まったのは第二次世界大戦中、日本軍がシンガポールを占拠していた時代のこと。

1940年代、それまでイギリス領だったシンガポールが日本軍に占領され、イギリス人の使用人として働いていた海南人たちは仕事を失い困窮。

そこで彼らが辿りついたのが、祖国で作られていた質素で安いけど美味しいチキンライスを再現してレストランを作るという道だったのだそうです。

ハイナニーズ・チキンライスの第一号店は1940年代にオープン。そこから多くの海南人がお店を出し、チキンライスはすっかり『シンガポール発祥の名物』となったのです。

チキンライスにはどんな種類があるの?

先述のとおり、「チキンライス」と一口に言っても、シンガポールにはいろんな種類のチキンライスがあるんです。どれも味には定評があり、店によってはミシュランの星を獲得しているところもあります。

ハイナニーズ・チキンライス

本記事でご紹介しているシンガポール名物のチキンライスは『ハイナニーズ・チキンライス』。

ニワトリの脂で炒めた白米を、ニワトリを茹でてとったスープで調理した、雞油飯と呼ばれるご飯に、茹でたとり肉のぶつ切りが添えられ、多くの場合上記のスープと共に供される。鶏肉の旨味がご飯につけられ、あっさりとした上品なうま味が特徴である。鶏肉の脂分がゼラチン状に固まった食感を楽しむ料理なので、調理後に冷ました鶏肉を使用する。(Wikipediaより)

こんな料理なのですが、しっかりと鶏の旨味と生姜のかおりが効いたご飯と、しっとり柔らかい鶏肉、それを専用のチリソースやジンジャーソースなどで食べるのが特徴。また、

このハイナニーズ・チキンライスには「白」と「ブラウン」の2種類があります。

チキンライス屋さんに行くと必ず、店頭のショーケースにはかわいそうな姿になったチキンがぶら下がっているのですが、そこにはしっとりと茹でた「白」いチキンと、香ばしく焼いた「ブラウン」の2種類があるので、どちらかを選んでお店の人に伝えましょう。

好みによるのですが、白いチキンの皮が気持ち悪い、というタイプの人はブラウンを選ぶと正解です。

ソイソース・チキンライス

これは香港で有名なチキンの食べ方なのですが、醤油味で味付けしたチキンをご飯にのせ、その調味ダレもご飯にかけて食べるというもの。チキンの他にもダック(アヒル)やポークなどもあり、甘辛めのタレと一緒にご飯をかき込む一品。

クレイポット・チキンライス

「チキンライス」と言ってもこれは全く違うタイプのチキンライス。クレイポット(土鍋)にこめ、鶏肉、中国ソーセージなどを仕込んで、甘辛醤油だれと一緒に強火でゴーゴー炊き上げるというもの。

注文してから炊く店が多いので多少食べるまで時間はかかるのですが、おこげが最高です。

シンガポールで絶対ハズレない、美味しいチキンライス屋さんはココ!

探し疲れた人

美味しいチキンライス屋さんを探して「チキンライス シンガポール」で検索してみたんだけど、、あまりにもいろんな人がいろんな所を紹介しすぎててもうわからない…本当に美味しい 1〜2軒でいいんだけどなぁ。

と思う人、おそらく世の中にたくさんいると思います。旅行先で限られた時間と食事回数の中でチキンライスを食べに行くって言ってんだから、そんなの一番美味しい一軒がわかれば、本当はそれでいいんですよね。

そんな声にお答えして、元シンガポール住人の私がおすすめするのはこの2軒に絞りました。(って2軒かい)

天天海南鶏飯(マックスウェルフードセンター内)

もうシンガポールでチキンライスを食べるとなったらここが定番。私もシンガポールで働いていた時はオフィスが近かったのでよくここで食べていました。

とにかく鶏肉がしっとりつるんとしていて、ご飯もゴワゴワ感がないのが美味しいんです。

ただし、ここの難点は2つ。

  1. すんげー暑い
  2. すんげー並ぶ

このお店が入っているのがマックスウェルフードセンターというホーカーセンターなのですが、もちろんエアコンはありませんので暑いです。そしてお昼時には地元の人もたくさん食べに来るので長蛇の列に並ぶこともしばしばです。

営業時間:10:00 – 19:30 /定休日:月曜日

チャターボックス(マンダリンオーチャード内)

ここは「高級チキンライス」の老舗。マンダリンホテル内にあるチャターボックスは、昔からチキンライスが有名なお店で、私も数回行ったことがありますが、味は間違いありません。

“チキンライスは食べてみたいけど、年老いた両親や小さい子どもを連れて激混みのホーカーセンターで食事をするのはツラい”

そういう人にはここが断然おすすめです。オーチャードでショッピングをしたついでに寄ることも可能。

ただし、ここの難点はただ一つ、

高いヽ(´▽`)/

通常のホーカーセンターやフードコートのチキンライスが5ドル前後なのに対して、チャターボックスは一人30ドルほど(サービスチャージ10%、GST7%が加算される)と同じチキンライスとは思えないほどの価格設定。

ただしその味と立地の良さ、治安、衛生面、レストランの雰囲気などを総合すると、「物価の高いシンガポールなら、そんなもんかなσ(^_^;)」 と納得できます。

営業時間:11:00 – 23:00 (金・土のみ02:00まで)

\チャターボックスは事前予約も可/

シンガポールチキンライスを家で作って食べられる方法

ハイナニーズ・チキンライスは、とっても簡単なので自宅でも簡単に作ることができます。

レシピサイトをみると本当にたくさんのレシピがあるのですが、私がおすすめするのは、シンガポール製の『ハイナニーズ・チキンライスの素』を使って本場の味を楽しむというもの。

↑ こちらは先日シンガポールに行った時に買ってきたもの。これは5〜7人分でチリソースやジンジャーソースまですべてが揃っているタイプです。スーパーで10ドルほどだったと思います。

↑ 箱を開けるといろんなものが入っていました。

  • 鶏肉を茹でるチキンストック
  • ご飯を炊き込むジンジャーペースト
  • 茹で上がった鶏肉にかけるごま油醤油
  • チリソース
  • ダークソイソース
  • ジンジャーソース

これらをそれぞれに混ぜて茹でたり炊いたりすればチキンライスの完成。

作ってみた人

ハイナニーズ・チキンライスを上手に仕上げるコツは、ご飯とチキンは別々に調理するということ。一緒に炊いてしまうとチキンが固くパサパサになってしまうよ!

とても簡単で美味しく本場の味が楽しめます。

↓ 鶏肉と米さえあればできてしまうパウチタイプ(こちらにはチリソース類はついていません。)

【シンガポール】 海南チキンライスの素 Fragrant Hainanese Chicken Rice Paste 【PRIMA TASTE】 / 料理 海南ライス ハイナン (プリマテイスト) クイック 時短 調味料 エスニック アジアン インド 食品 食材 食器

価格:300円
(2019/10/17 02:27時点)
感想(0件)

まとめ

いかがでしたでしょうか。シンガポール名物の「ハイナニーズ・チキンライス」も、実はいろんな経緯があってシンガポールで広く愛されるようになり、今では各地に名店を残すシンガポールの代表料理になったのです。

人気店のチキンライスは、チキンがしっとりと柔らかく、ご飯もふんわりとたけているのが特徴です。

ぜひシンガポールを訪れた際には、上記2軒のおすすめチキンライス店も念頭に入れながら、しっとりジューシーなチキンライスを堪能してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です