シンガポールで【醸豆腐 ヨントーフ】を食わずして何を食う|歴史あるシンガポールの客家料理

シンガポールには『ヨントーフ』という食べ物があるのをご存知ですか?

旅行客

シンガポールで有名な食べ物といえばチキンライスとかバクテーとかでしょ?ヨントーフなんて聞いたこともないよ。

そんな方も多いと思うのですが、このヨントーフ(醸豆腐 Yong Tau Foo)とは、古くは中国の客家(ハッカ)という民族が持ち込んだ、とても歴史の長い食べ物なんです。

シンガポールに行ったらフードコートで必ず一度は見かけているはずなのですが、その『注文の仕方』が独特でちょっとわかりづらいことから、観光客にはなかなか近づきにくいローカルフードになってしまっているのです。

気弱な旅行客

店頭に何やら野菜とか練り物とかたくさん置いてあるんだけど、それがどんな食べ物なのか、どうやって食べるのかが謎すぎて、手を出せません。。

本記事では、シンガポールではとってもメジャーなローカルフードなのに、旅行者にはちょっと倦厭されがちだったこの『ヨントーフ』について、じっくり理解を深めたいと思います。

この記事はこんな人にオススメ
  • シンガポールでヨントーフらしきものを見かけてちょっと興味を持ったがなんか怖くて注文できなかった
  • そもそもどんな食べ物かを全く知らない
  • 具体的に、どうやって注文しどうやって食べたらいいのかを知りたい

ヨントーフの歴史

シンガポールにいくと、ホーカーセンターやフードコートに必ず上記写真のようなお店が1軒は入っていることにお気づきでしょうか。

これが、ヨントーフ(醸豆腐 Yong Tau Foo)です。

この”醸豆腐”とは、中国語で『詰め物をした豆腐』という意味で、客家(ハッカ)と呼ばれる民族グループが東南アジアに移住する時に持ち込まれた料理の一つ。

客家(ハッカ)とは

客家(ハッカ)というのは、もともとは古代中国の東北部にいた王族の末裔と言われていて、彼らは戦乱から逃れるために移動と定住を繰り返し、最終的にはシンガポールの他にもタイやマレーシア、台湾などにも定着しました。

マレーシア人

現在東南アジアに定住する華人のうち、約3割はこの客家出身と言われています。マレーシアやタイでもこのヨントーフは食べられるんですよ。

中国ユダヤ人』と呼ばれる客家人

またこの客家人はもともと移動と定住を繰り返してきたためどこに行っても『よそ者』扱いや差別を受けてきたという背景から、反骨精神が豊かで、負けず嫌いな気質の人が多いのだそうです。

中国史上に知られる客家出身者には、太平天国の首謀者洪秀全以外にも、高校世界史に登場する人物としては南宋の儒家である朱熹、黒旗軍を率いてフランスと戦った劉永福、そしてなんと言っても辛亥革命の指導者孫文、現代中国の「小さな巨人」鄧小平がいる。また台湾の李登輝、シンガポールのリー=クアン=ユーも客家である。(世界史の窓|「客家」より)

流通や商売に関してはずば抜けた才能を発揮して、さらに教育熱心だった客家人は『中国ユダヤ人』という異名がつくくらい優秀な人材が多いことで有名になりました。

ヨントーフとはどんな食べ物?

これはドライタイプ。スープで湯がいた具と麺にソースを絡めて食べる。(写真:Wikipediaより)

前置きが長くなりましたが、そんな『商売上手で超優秀なリーダー的人物』を輩出してきた客家人が好んで食べたのがこのヨントーフ。

ヨントーフ大好き女子

豆腐や油揚げ、野菜の中にミンチ肉や魚のすり身(日本のかまぼこに近い)を詰めたものを、麺と一緒にスープやソースで食べるというものです。 スープはあっさり目の塩味、ソースは甘めのちょっとコッテリです。

おでんとちょっと似ています

このヨントーフ、『練りものや野菜をスープと食べる』という意味では日本のおでんとちょっと煮ています。しかもスープの味付けも似ていて、だしの聞いたあっさりスープなんです。

なので日本人にとってはとても安心できる味。

 

具材はこんな感じで、練りもの、揚げ物、野菜やイカ、海藻、湯葉など本当にたくさん。シンガポールの屋台料理にしては珍しく、油ギトギトでもなく野菜がたくさん食べられる、ヘルシー料理ヽ(´▽`)/

南国ならではの注意点

そんな日本人にも優しい味付けで野菜もいっぱい食べられるヨントーフなのですが、シンガポールで食べる場合は1つだけ注意点があります!

それは、、、

ホーカーセンターなど、エアコンの効いてないお店のヨントーフは、午後以降は避けるべし

です。これかなり大事です。

ショッピングモール内のエアコンが効いているお店なら問題ないのですが、どうしてもヨントーフは調理前の『生っぽいもの』ばかりが陳列されているので、暑いところに置かれて数時間経過した具材は

傷みやすい ( ̄◇ ̄;) のです。

のりこ

私はヨントーフが大好きでよくランチに食べていたのですが、時々ちょっと遅い時間に行くとなんとなく豆腐が酸っぱい、、なんてことがあったんです。。そのまま食べましたけど( ´ ▽ ` )

なので旅行先でヨントーフを食べる時は、エアコンの効いたフードコートで、早めの時間に食べることをオススメします。

ヨントーフの注文方法

スープタイプ。ビーフンと一緒に。(写真:http://food.malaysiamostwanted.comより)

では、いよいよこのヨントーフの注文方法をご紹介しましょうヽ(´▽`)/  

これさえわかれば、次回は堂々とヨントーフを注文して食べることができます。 

お店によって具の最低個数が決まっている

ヨントーフ屋さんにいくと、たくさんの具材が並んでいて、看板には必ず『Minimum6Pieces』とか『Minimum8pieces』と書いてありますので、まずはそれを確認しましょう。

ヨントーフはその具の個数によって値段が変わってきます。ほとんどのお店では

具6〜8個+好きな麺で5ドル前後、具を1個プラスするごとに+50セント

といった料金システムで食べることができます。

ヨントーフは自分で「カスタマイズ」が基本

ヨントーフの注文の流れは以下の通りです。

STEP.1
積んである空の丼を取る
ヨントーフの具はすべてセルフサービスで取っていきます。空の丼を片手に持ち、備え付けのトングで、レジに向かって順番に具を選んでいきます。
STEP.2
具を選ぶ
好きなものをどんどん取って丼に入れていきます。この時、そのお店の最低個数は割らないように、ぴったりかそれ以上入れましょう。混雑時はレジに向かって具を取りながら列になって進んでいくので『後戻り』はできません。食べたい具を取り逃さないように。
STEP.3
麺を選ぶ
選んだ具を入れた丼を持ってレジまで進むと、そこで「麺の種類」を選んでお店の人に伝えます。麺の種類は以下の通り。

  • ビーフン(米麺)
  • クェイティャオ(米麺)
  • ラクサヌードル(米麺)
  • イエロー・ミー(小麦麺)
    (『麺の種類』についての詳しい説明は下記関連記事からどうぞ!)
STEP.4
スープかドライを決める
ヨントーフは、全部をスープの中に入れて”塩タンメン”風にして食べるスープタイプと、湯切りした具と麺を特製の甘めのソースに絡めて食べるドライタイプの2種類の食べ方があります。日本人はあっさりめのスープタイプが好きな人が多いです。
STEP.5
お店の人に注文を伝えて会計
上記で決めた「麺の種類」と「スープかドライか」をお店の人に伝えます。伝え方はとっても簡単。英語力は不要、2語で終わります。

『ビーフン・スープ』『ビーフン・ドライ』など

こんな感じで、麺の名前とスープかドライかをぶっきらぼうに、単語だけ言えばOKなんです。あとは具の個数に応じて会計をして、そうこうしている間に具と麺は湯がかれて、商品が提供されます。

辛いものが好きな人は、レジのところにチリソースも用意されていますので、それを小皿にとってもよし、具の上からかけてしまっても美味。

▽関連記事:シンガポールで食べられている麺を解説▽

シンガポールの【麺】事情!種類豊富なシンガポールの麺を解説

まとめ

実は奥深い歴史を持つシンガポールのローカルグルメ、ヨントーフ

これまではフードコートでヨントーフ屋さんを見かけても、どうやって注文すべきかわからずにきっと素通りしてきた人が多かったと思うのですが、もうビビらなくてOKです。

ヨントーフはシンガポールの食べ物のわりに油ギトギト感やラードゴロゴロ感がなく、野菜がたっぷり食べられるのも魅力。

『中国ユダヤ人』と呼ばれたカリスマたちを生み出した『客家(ハッカ)』の食文化、シンガポールに行ったらトライしてみてくださいね。

▽客家が成功した『18の金言』がここに▽

\シンガポールに行くなら格安チケットはここから/
シンガポール往復航空券の最安値をチェックする

▽こちらの記事も読まれています▽
【ラクサってどんな味?】ラクサを食わずにシンガポールを出ることなかれ!地元民が愛するココナッツカレー麺ラクサについて掘り下げる シンガポール人が喜んだ!日本のお土産10選【リピート依頼された実績ありの失敗しないお土産はコレ】 シンガポール名物【チキンライス】はなぜそんなに人気なの?間違いなく美味しいお店から作り方まで徹底解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です