【シンガポール旅行にはいくら必要?】5日間の滞在中にかかった費用を高い順に紹介

旅行計画中の家族

今年の休みは海外旅行をしたいな。やっぱり子連れでも安心していける国と言ったらシンガポールだよね。でも物価が高いというし、滞在費がいくらかかるのか心配だなぁ

そんな疑問にお答えします。

先日私の第二の故郷であるシンガポールに、子どもを連れて行ってきました。久しぶりに訪れたシンガポールは、私が住んでいた時とは比較にならないくらい、というより

まるで違う国みたいσ(^_^;)

に変化していました。

本記事では、先日私がシンガポール滞在中に使った費用をランキング形式でご紹介しつつ、これからシンガポール旅行を計画している方が安心して行けるように、

シンガポールに降り立ってから現地での滞在中にどれくらいの費用がかかるのか

をお伝えしたいと思います。

この記事はこんな人におすすめ
  • シンガポール旅行を計画しているが、現地でどんなことにお金がかかるのかを予め知っておきたい
  • シンガポールに旅行しながらも、できるだけ節約して過ごしたい
  • シンガポール旅行に持っていくべき現金はどれくらいなのか知りたい

▽▽シンガポールへの格安航空券・ツアーを探す▽▽

>> 海外格安航空券の最安値検索なら スカイチケット!  
>> 格安海外ツアーなら<エアトリ>

シンガポール滞在中にかかった費用トップ5

それでは実際に、先日私がシンガポールに行ったときに5日間の滞在中にかかった費用を、多いものから順にご紹介します。(料金は大人1名、子ども1名の場合です)

1位:ホテル 約10万円

今回私はシンガポールに計5泊したのですが、その内4泊をイーストコーストに近いホテルに、そして最後の1泊だけをマリーナベイサンズに泊まりました。

もちろん旅行代金の大部分を占めるのが通常は航空券とホテル代になるわけですが、今回は何と言っても『マリーナベイサンズ』に宿泊するというのがわりと大きなイベントになっていました。

もちろん子どもも大喜びでとても楽しめたのですが、

マリーナベイサンズに泊まったことで、コストもかなりかさみましたヽ(´▽`)/

ホテル代内訳は以下の通り。

ホテル名 宿泊料金(合計)
Grand Mercure Roxy Singapore(4泊) 約5万円
Marina Bay Sands(1泊) 約5万円
合計 約10万円
最初に宿泊したグランドメルキュールは、東海岸にほど近い郊外にあるホテル。
 
以前住んでいた家の近くだったのでとても馴染みがあったのと、安いわりにとてもきれいなので選びました。
 
そして最後の1泊は『これも経験だ!』とマリーナベイサンズにしたわけですが、これまたやっぱり泊まってよかったです。

マリーナベイサンズに泊まろうか迷っている人

グランドメルキュール4泊分と、マリーナベイサンズ1泊分が同じ料金だなんて!! マリーナベイサンズは下層階の安いお部屋でもこの値段!
▽関連記事:やっぱり一度はマリーナベイサンズに泊まってみるべきか?
【シンガポール旅行】やっぱり一度くらいはマリーナベイサンズに泊まってみるべき?

▽▽今回シンガポールのホテルはBooking.comで予約しました▽▽
>> グランドメルキュールシンガポールの最安値を見てみる
>> マリーナベイサンズの最安値を見てみる

2位:食費 約5万円

のりこ

『以前シンガポールに住んでいたから』と完全に甘く見ていたのですが、シンガポールの食事事情もだいぶん変わっていて、なかなかの衝撃と痛手を負いました。

フードコートやホーカーセンターでも多少の値上がりは見られましたが、なんといって衝撃的だったのが

ショッピングモールに入っているレベルの大衆的なレストランの大幅な値上がり

でした。

数品頼んだだけのランチが普通に1万円越えになったりして、お会計のたびに目ん玉が飛び出そうになっていました。

▽すごく高くなったなぁと感じたレストラン▽

レストラン 以前 今回払った金額
インド料理(バナナリーフ) 約5,000円もあれば 約8,000円
ジンジャーチキン 約5,000円もあれば 約9,000円
イタリアン(5つ星ホテル内) 約1万円もあれば 約2万円

シンガポール旅行中でもなるべく節約したい!という場合は『食費をどこまで抑えられるか』がポイントになりそうです。

極力フードコートやホーカーセンターで地元のB級グルメを堪能すれば、一人あたり1食500円程度で食べられます。

2位:ショッピングお土産 約5万円

旅行の醍醐味と言えばショッピングとお土産選びですよね。

自分用のショッピングと職場へのお土産、子どものおもちゃや洋服など、今回はあまり高額なものは買っていないのでこれくらいでした。

もちろんこれに関しても、節約しようと思えばもっと使うお金は減らすことは可能です。

参考までに私が現地で買ったものはざっくりこんな感じです。

服・バッグ・靴など(子どものものも含む) 3万円
スーパーの食品・ビールなど 1万円
お土産 1万円
合計 約5万円

4位:ユニバーサルスタジオケーブルカー 約1万6千円

そしてこちらは子どもが喜びそうだったので連れて行ってみました。なんと行ってもセントーサ島に行く醍醐味はケーブルカーです。

次回またシンガポールを訪れたときにこのユニバーサルスタジオに再訪するかと聞かれれば答えはNOですが、子どもは初めてだったので良い経験になったかなとは思います。

  大人 子ども 合計
ケーブルカー(往復) 35ドル 25ドル 60ドル
ユニバーサルスタジオ 79ドル 59ドル 138ドル
合計     198ドル(約15800円)

USSに行ったことがある人

熱中症対策が必要ですよ!またUSSやその周辺のレストランや売店も、もちろん『観光地価格』ですからびっくりしないように!

5位:ダックツアー 約6千円

シンガポールに行く人に私がいつも個人的におすすめしているのがこの『ダックツアー』です。

何しろ炎天下の中を歩かずにシンガポールの主要観光スポットを水陸両用バスで回れてしまうという優れものなんです。ただしこれも随分値上がりしたように感じました。

  大人 子ども 合計
ダックツアー 43ドル 33ドル 76ドル(約6000円)

>> シンガポール市内観光ダックツアー

出費トップ5の合計は?

以上シンガポール滞在中にかかった費用のトップ5をご紹介しました。

気になる滞在費用の合計は、シンガポール5日間(大人1名子ども1名)で、

約22万2千円 ヽ(´▽`)/

という結果になりました。

今回は完全に個人手配の旅行だったのでこの他に航空券代もかかりましたが、旅行代理店等が打ち出しているツアーに参加すればおそらくもっと安く行けるのではないでしょうか。

シンガポール滞在中に『現金』が必要なケース

旅先でのトラブルを回避するためには『現金』をたくさん持ち歩くことはご法度。

シンガポール滞在中は、ほとんどの場所でクレジットカード支払いが可能です。

とはいえクレジットカードが使えない場所もあるので最低限の現金は準備しておかなければいけませんよね。

そんな時に疑問になるのが、

現金はいくら持っていけばいいの?σ(^_^;)

ってこと。

ここではそんな疑問にお答えするために、シンガポール滞在中に『どうしても現金でなければならない』項目をあげて、現金で持っていくべき必要最低限の金額を考えてみました。(1日当たりの必要額)

旅行先で現金が必要になる項目 おおよその金額
ハウスキーピングへのチップ 5ドル
目的地までのタクシー代 20ドル
水・飲み物代 3ドル
食費(すべてローカルフードの場合) 20ドル
帰りのタクシー代 20ドル
トイレ(場所によっては) 1ドル
合計 69ドル(およそ5500円)

これはお土産や観光地などの入場料等はすべてクレジットカードで払ったと仮定した場合に必要となる1日分の現金です。

結論:現金は1日最低5500円✖️滞在日数を目安に持っていけばOK。(+クレジットカード必須)

のりこ

5泊なら27,500円ですが、あくまでもこれは『最低限』現金で必要な金額なので、もう少しゆとりがあると安心かもしれませんね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回私がシンガポールに行ってみて感じたことは、噂どおり大幅に物価は上がり、何をするにもバンバンお金が飛んでいく、ということでした。( ̄◇ ̄;)

もちろん節約しようと思えば、食事やショッピングをグッと質素に抑えればいくらでも絞れてしまうというのも事実なのですが、せっかくのシンガポール旅行なのにガマンばかりではちょっとストレスになってしまいますよね。

やはりシンガポールのような観光がメインの国では、多少お金に余裕があった方が楽しめるのかもしれません。

ただしシンガポール旅行の良いところは、シンガポールは国土が小さいので、どこに行くにも時間も交通費もそれほどかからないということです。

つい個人旅行だとあちこち行きたくなって、その度に電車だバスだと乗り換えたりして貴重な時間をロスしてしまうなんてこともありますが、シンガポールに限ってはどこでもタクシーで20分圏内なので、とても効率的に、安く回ることができるのです。

もしこれからシンガポール旅行を予定している方がいましたら、ぜひ本記事を参考にしていただき、悔いのない楽しい旅行にしてくださいね!

▽こちらの記事も読まれています▽
シンガポールに【ぼったくり】は存在する? 【シンガポールの勘違いされやすい料金システム】 子連れ海外旅行がストレスフリーになる!子連れ旅にかかせない便利グッズ6選 シンガポールの穴場スポット【イーストコースト】を制覇する5つの極秘プラン|物価の高いシンガポールを安く楽しむ方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です