糖質制限中でも罪悪感少なめで食べられる市販のおやつ10選!ダイエット中に甘いものが食べたくなったらこれ!

現在糖質制限ダイエット中だけど、、無性に、どーしても、気が狂いそうなほどに、甘いものが食べたい!!!

っていう気分のとき、ありますよね。

そんな『どうしても!!』の緊急時に罪悪感少なめに食べられる糖質オフのおやつを紹介します。

この記事はこんな人におすすめ
  • ゆるく糖質制限中なんだけど、そんな時でも食べられるおやつを知りたい
  • 手作りはしたくない、簡単に手に入る市販の糖質オフおやつが知りたい

糖質制限中に罪悪感少なめで食べられる市販のおやつ10選

私が試してみて美味しかった順に10点ご紹介します。

どれもとても身近なお店で普通に売っているものばかりですので、気になるものがあれば試してみてください。

第一位 シャトレーゼ『糖質88%カットのとろけるショコラ』(糖質5.6g)

これは糖質オフシリーズ史上最高の仕上がりではないかと思うほど美味しいです。普通にロイズの生チョコに引けを取らない美味しさと食感なのに、糖質は1箱(25粒)全部食べても5.6gと驚異的。

甘さ控えめで、おやつとしても、お酒のお供にも最高なチョコです。

食感もまろやかで、一口分のサイズも小さめでGOOD。ダイエット中じゃなかったら一気に1箱余裕で完食できるくらい美味しい生チョコでした。

<栄養成分表示(1箱90g当たり)>

エネルギー 366kcal
たんぱく質 4.1g
脂質 31.1g
糖質 5.6g
食物繊維 21.2g
食塩相当量 0.09g

第二位 ナチュラルローソン『くるみとココナッツのキャラメリゼ』(糖質5.4g)

これはとにかく価格がお手頃(200円弱)なのにココナッツとキャラメルの香りが最高すぎる逸品。

チャックがついているので、1つ2つつまんだらまた後のお楽しみに取っておけるのも食べ過ぎを防いでくれる秘訣。キャラメリゼと言っても全然重くなく、「カリッ」「サクッ」と食感も気持ちいいです。

<栄養成分表示(1袋40g当たり)>

エネルギー 249kcal
たんぱく質 5.4g
脂質 22.0g
糖質 5.4g
食物繊維 3.8g
食塩相当量 0.1g

第三位 シャトレーゼ『糖質70%カットのアイス』(糖質5.0g)

ハーゲンダッツ大好き主婦としては、『ハーゲンダッツ以外のアイスなんてアイスじゃねぇ!!』となることを覚悟して臨んだ糖質70%カットの抹茶アイス。

でも。

意外!!意外となめらかで、ちゃんとコクがあって美味しい!!

もちろん生乳の代わりに豆乳が使われているので、どうしてもあっさり目にはなりますが、そもそもハーゲンダッツと比べずに全く別物として食べれば、十分おいしいアイスです。

<栄養成分表示(1個110ml当たり)>

エネルギー 78kcal
たんぱく質 2.5g
脂質 4.3g
糖質 5.0g
食物繊維 7.5g
食塩相当量 0.07g

第四位 ナチュラルローソン『アーモンドチョコレート』(糖質4.9g)

これもあまり期待はしていませんでしたが、実にチョコレートのほろ苦さが心地よくてつい一気に食べてしまいそうになるほどでした。

市販されている有名なアーモンドチョコよりも、チョコレート自体がほろ苦ダーク。本当に甘さが控えめなので、いくらでも食べられます。が、こちらも保存に便利なジッパー付きです。

<栄養成分表示(1袋40g当たり)>

エネルギー 233kcal
たんぱく質 5.4g
脂質 19.3g
糖質 4.9g
食物繊維 8.9g
食塩相当量 0.02g

第五位 シャトレーゼ『糖質50%カットのダブルシュークリーム』(糖質8.6g)

糖質オフ商品で気をつけなければいけないのがこの『〇〇%カット』ってやつ。

だってその割合が大きければ「それは確かにかなりカットしましたね」とは思うけれど、もともと何グラムあるうちの〇〇%なのかによって、実質的にはかなりの糖質が残っていたりします。

そんな中でこのシュークリームはとても本格的でした。中のクリームが、ホイップクリームとカスタードクリームの2層になっていて、これまた甘さはかなり控えめで大人の男性でも気になるスイーツが完成しました。

<栄養成分表示(1個当たり)>

エネルギー 237kcal
たんぱく質 3.9g
脂質 19.7g
糖質 8.6g
食物繊維 3.5g
食塩相当量 0.24g

第六位 シャトレーゼ『糖質83%カットのプリン』(糖質2.6g)

これもなんと普通のプリンと比べて糖質83%オフとなかなか頑張っている感はありますよね。しかもプリンの上にはキャラメルナッツクリームまで乗っていて糖質2.6gはかなり驚異的。

味はたしかに『糖質83%もカットしたらこうなるわな』と妙に納得してしまうさっぱり具合です。

卵やクリームの濃厚さは手放す必要がありますが、それでもダイエット中にプリンが食べられるなんて、なかなかの革命児と言って良いかもしれません。

<栄養成分表示(1個106g当たり)>

エネルギー 135kcal
たんぱく質 2.1g
脂質 11.7g
糖質 2.6g
食物繊維 2.0g
食塩相当量 0.1g

第七位 グリコ『SUNAO(スナオ)チョコ&バニラソフト』(糖質9.8g)

ちょっと順位が低すぎたかなと思うくらい美味しいのがこのSUNAOシリーズのソフトですね。

豆乳使用ということでがっちり生乳が入ったコテコテのアイスクリームと比べたら、それはあっさりしてしまうのは仕方ないこととして。

それでもなかなかの大きさのアイスを1個全部食べても120kcalとダイエッターには安心なカロリーなのがいいですよね。このカロリーにしてこのクオリティは素晴らしいです。

<栄養成分表示(1個106g当たり)>

エネルギー 120kcal
たんぱく質 2.7g
脂質 7.7g
糖質 9.8g
食物繊維 9.6g
食塩相当量 0.2g

第八位 グリコ『SUNAO(スナオ)バニラ』(糖質9.3g)

いやぁこれも美味しい。だって生クリームも入ってるし、バニラビーンズもちゃんと入っている。それでいて1個全部食べきったとしても80kcalしかないなんて、神の申し子としか思えない。

<栄養成分表示(1個120ml当たり)>

エネルギー 80kcal
たんぱく質 3.0g
脂質 3.3g
糖質 9.3g
食物繊維 11.5g
食塩相当量 0.1g

第九位 ナチュラルローソン『ロッテZERO ノンシュガービスケット』(糖質9.4g)

これは以外にもとても素朴で美味しかったです。商品名にZEROとか書いてあるとなんとなく美味しくなさそうなイメージを勝手に持っていたのですが、本当に素朴であっという間に1袋食べ終わってしまいます

ただし口の中に入れるとかなりの勢いで口中の水分を持っていかれるので、飲み物とセットで食べたい感じです。

とはいえ、

ビスケット好き

無類の『ビスケット好き』で、ダイエット中だけど無性にビスケットが食べたくて震える!!

という人ならいいかもしれませんが、そうでなければ、あまりに特徴がなさすぎて『だったら食べなくてもいいや』って思っちゃうかもです。

あくまでも私の主観ですけどね。

<栄養成分表示(1袋21g当たり)>

エネルギー 85kcal
たんぱく質 1.4g
脂質 4.0g
糖質 9.4g
食物繊維 6.9g
食塩相当量 0.16g

第十位 ナチュラルローソン『ブランクリームサンド』(糖質5.4g)

これはねぇ…私にとってはちょっと(いやかなり)残念だったかなぁという感じです。

ダイエット中にクリームサンド食おうなんて思う方がバカでしたごめんなさいという気持ちにさせてくれるクリームサンドでした。

まず私の中で何がダメだったかというと、

  • 1袋の中に、4枚しか入ってない(少ない)
  • しかも中も個包装(過剰)
  • 食べると、不思議なしょっぱさが広がる

というところでしょうか。ちなみにうちの息子もこれはあまり喜びませんでした。

<栄養成分表示(1袋4個当たり)>

エネルギー 171kcal
たんぱく質 4.5g
脂質 11.3g
糖質 5.4g
食物繊維 14.9g
食塩相当量 0.4g
カルシウム 330mg
4.9mg

『糖質オフ』の落とし穴に注意。本当は食べない方がいいんだよ

糖質制限を始めてみると、突然世の中のありとあらゆる『糖質オフ』『糖質ゼロ』と書いてあるものに敏感になってしまいますよね。

『糖質◯◯%カット!』と書いてあると、もはやこの商品は今の自分のために作られているんじゃないかと思うほどの謎のご縁を感じずにはいられないんです。

そして気がつけば次から次へと買い物かごに入れまくる、『糖質オフ』アイテムの数々。

でもちょっと待って。それが実は『糖質オフ』の危険な落とし穴です。

糖質オフのお菓子がダイエットに向いているわけではない

たしかに糖質制限中の人にしてみれば、『糖質を抑えつつ美味しいおやつが食べられる』なんてまるで夢のような話。

でも、糖質オフって言ったって、カロリーや脂質はがっちりあるので、油断して食べ過ぎたら普通にデブになります。

糖質オフのお菓子は、『どうしても甘いものが食べたい!!!』と我慢できない時にちょっとだけ楽しむ程度にするためのもの。

糖質オフだからって気を許してはいけないんです。

まとめ

糖質制限ダイエット中なのに、時々どうしても甘いものが食べたくなってしまう。

またはお医者さんから糖質の摂りすぎに気をつけるように言われてるけど時々気が狂ったようにおやつが欲しくなる。

そんな人たちに向けて、私が実際に食べてみた糖質オフのおやつたちを10品ご紹介しました。

どれもその辺のコンビニや店舗で気軽に買えるものばかりで、その種類は日々増え続けています。

とはいえ、これらも立派な『お菓子』ですしどんなに糖質が低かろうと、そこにはしっかりカロリーや脂質も存在しています。

なのでこれらを日常的に食べていたのでは糖質制限の手助けにはなりませんので十分注意してくださいね。

現在糖質制限している迷える子羊たちは、ぜひ本記事を参考にしていただき、上手にこれらを時々取り入れながら『継続する』ダイエットを目指して頑張ってみてくださいね。

▽こちらの記事も読まれています▽
韓国の美肌茶【ユルム茶】の美容効果がすごい!体の中から美味しく綺麗に。おいしいアレンジ術も公開 サイゼリヤで糖質制限ダイエットメニューを探せ!【糖質制限中の外食】困った時のサイゼリヤ・糖質控えめアイテムを実食 【あすけんでゆる糖質制限ダイエット!】あすけんプレミアムサービスの良いところを全力で紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です