【通販の下着だって無問題!】通販でブラジャーを買っても絶対に失敗しない3つのワザ

女性なら誰でも一度は経験があると思われる、

ネット通販でブラジャーを買ってみたら、大失敗した (´Д` )

という問題について、『元・下着販売員』の立場と、『現・ずぼらダイエッター主婦』の両方の視点から、

  • 店舗で下着を買うメリット・デメリット
  • ネットで下着を買うメリット・デメリット
  • ネットでブラジャーを買っても絶対に失敗しない方法

の3点について詳しく掘り下げていきたいと思います。

下着専門店で店長をしていた頃は、それはこだわりがすごかったので、ワコールの『サルート』という洗練されたキャリアウーマン向け高級下着しかつけていませんでした。

下着はお店で買う派?ネット通販派?

下着専門店の店長をしていたくらいですから、もともと私は

しっかり試着して、きっちり合ったものを買う派

という下着業界の模範解答みたいな女でした。ところが、

妊娠→出産→主婦→ずぼら→デブ

という進化をとげる間に、

  • もっとたくさんの種類の中からじっくり迷って決めたい
  • 他人に自分のブラ姿を見られたくない
  • なんだったら販売員とのおしゃべりもちょっと面倒

という考え方に変わっていき、ここ最近はもっぱらネット通販で下着は買うようになりました。

店舗で下着を買うメリット

ネット通販が台頭しつつある下着業界ですが、それでもやっぱりお店で買うにはそれなりのメリットがあります。

私自身、ずっと店舗でお客さんに商品や試着をおすすめしてきた身なので、今でも本当にしっくりくるものを見つけたい時は、お店に行って買うのがベストだと思っています。

販売員が自分に合うものを紹介してくれる(サイズ・形)

店舗で下着を買う最大のメリットは、もちろん商品を実際に手にとって素材や質感などを視覚と触覚で確認できること。

また、人それぞれ体型や肉質によっても選ぶべきブラジャーが変わってくるもの。

販売員はそう言った『自分一人では知り得なかった情報』を客観的に診断して、きちんと合うものをおすすめしてくれます。

試着できる(正しいつけ方・ひも調整)

そして正しく『採寸』をしてもらえるのも店舗でのお買い物ならでは。

ブラジャーやガードルのサイズは、自分で測ろうと思ってもその位置やはかり方を間違えるととんでもないサイズが叩き出されたりするので、必ずプロに測ってもらうのが鉄則なんです。

そして試着をすることで『正しいつけ方』と『適正なひも調整』も完璧に。

ブラジャーもガードルも、『正しいつけ方』がとっても大切。販売員がお手伝いすると2カップくらい上がる人もいるくらいなんです。

>>正しいブラジャーのつけ方はこちら

ブラジャー選びの秘密

ブラジャーは、感覚的には『靴』を買うのと似ています。靴を買うときも必ず試着しますよね。甲高、幅広、様々な足の形によって合う靴と合わない靴があるのと同じように、ブラジャーも「同じサイズ」だからといって全部が全部ぴったり合うとは限らないんです。

カップの浅さ深さもそれぞれ違いますし、デザイン的に脇や中心が高く作られていたり、体型が平面的な人と立体的な人でも、それぞれ合うものが違います。

だから合わないものをつけてしまうと、肩ひもが落ちてきたりカップがパカパカになったり、ワイヤーが当たって痛くなったりすることに。

店舗で下着を買うデメリット

販売員に話しかけられる試着しろと言われる

はい、コミュ障のショッピングでこれほど苦痛なことはありません。

ゆっくりいろんな商品をみたいのに、手にとるもの手にとるものいちいち横から販売員さんが説明してくれる。

しかもそっとしておいてほしいのに執拗に試着をすすめられ、ひどい時には

ブラジャーは試着しなきゃダメ!!

とベテラン販売員に怒られたりする。

ほとんどのケースは『親しみ』を込めて言ってくれているのですが。。たまに引いてしまいますね。

ブラジャー姿を他人に見せる、触られる

これ、実は販売員の方だって正直なところ、

ちょっと汗ばんだ他人の裸なんか触りたくねぇ!!(´Д` )

と思っています。

それでもそれをおすすめするのは、上記のような『ぴったり合ったものを見つけてほしい』という極めて良心的なホスピタリティ精神があるからなんです。

でも、自分が下着業界から離れてみて思うのは、

やっぱり他人に見られるのはちょっと抵抗ある!!

ってこと。特に出産や子育てが終わって体型が変わった今となっては、他人にブラジャー姿を晒すくらいならブラジャーなんかしなくてもいいかなと思うほどです。

販売員の気持ち

最近の販売員さんにはノルマ制で働いている人なんてほとんどいないので、個人の売り上げのために躍起になってゴリ押ししてくる人はほぼいないんです。

お店で商品を見ているお客さんに声をかける理由は

  • 経営方針でそうしろと言われているから
  • 声をかけてほしいお客さんも実は半分くらいいるから
  • 本当に合うものを見つけてあげてリピーターになってほしいから

です。

ぶっちゃけ私が店長をしていた時だって、お客さんの多くは『声をかけられたくない』ことくらいわかっていました。でも「接客販売員」という立場上、そうしないわけにもいかなかったんです。

そして実際に全然声をかけないで見守っていると「この店は接客する気がないのか」「不親切だ」というクレームがかなりくるのも事実なんですよ。

通販で買うメリット

\ニューヨーク発!胸を育てるブラがすごい/

時間を気にせずいろんなものを見比べられる

ネット通販で下着を買う一番のメリットは、

誰の目を気にすることなく、写真や口コミを参考に何度でも気になるものをチェックして、納得いくまで見比べられる

というところ。これって実はお店に行くと「できそうでできないこと」なんですよね。

なぜならほとんどの下着専門店には複数のメーカーが入っていて毎日互いにしのぎを削っているワケですが、そこでの『お客さんの取り合い』はマジで熾烈。

  • (お客さんの)横取り
  • 恣意的な自コーナーへの誘導

は「町内会の争いごと」のごとく、販売員たちの間で戦争に発展しかねません。

なので客としては色々見たくてその店に入ったとしても、結局1つのメーカーのものしか紹介してもらえないことが多いんです。

サイズ・デザインがたくさんある

ネット通販の場合はサイズやカラー切れの場合は一目でわかるので、そこになければ違うオンラインショップを探すか再入荷の連絡待ちをするだけ。

店頭だと実物を見られるメリットの反面で、売り場面積やその店の客層によって取り扱いのない商品が必ず出てくるので、在庫確認や取り寄せにとても手間と時間がかかってしまうのです。

通販で買うデメリット

サイズや形が合わない可能性あり

ネット通販で下着を買うデメリットはもちろん、

実物を見たり触ったりせずに金を払うので、失敗することも多々。

ということに尽きますよね。

商品が届くまでのドキドキワクワク感→いざ届いて着けてみたらサイズや形が合わなくて絶望

あのがっかり感はぜひ二度と味わいたくないですよね。

返品・交換対応がそのショップ次第で大きく異なる

そしてせっかく楽しみに待っていた商品が、「要サイズ交換」や「不良品」だった場合にはそこからが大変。

買い物をしたショップによっては返品交換を一切しないというところもあれば、到着後◯日以内、「送料は客が負担で」など、かなり上から目線の条件を叩きつけてくるところもあります。

大手メーカーのオンラインショップのほとんどはきちんと返品やサイズ交換のポリシーが定めてあります。一方でノーブランドの中国発送のものは、ほとんど返品対応していないようです。

なので買い物をする時には、必ず事前に各メーカーの返品ポリシーを確認しておくことが大事ですね。

ネット通販でブラジャーを買っても、絶対に失敗しない3つのワザ

① お店に行って採寸と試着だけしてくる

これにはちょっと強めのハートが必要になりますが、下着選びにおいて大切なのは、

『正しいサイズ』

『自分の体型に合う形』

この2点をを知ること。これさえわかればあとは試着なしで買ってもそうそう失敗することはありません。

なので一度お店に行って、販売員さんにサイズを測ってもらい、どんなものが自分にあっているのかを、とくと教えてもらいましょう。

最終的に買わなくても、『また来ます!!』とさえ言っておけば販売員さんだってイヤな顔はしません。

② 店頭と同じものをネットでリピート

最近はどの下着メーカーも、店舗も持ちつつオンラインショップも充実しているところがほとんどなので、

  • お店に行ってめぼしいものをチェック。できれば試着もする。
  • 同じパターンのものをオンラインショップで買う。

という手もあります。

ほとんどのメーカーは、毎年各シーズンに新作を出すのですが、実はその「パターン」は同じものを使っていることが多いので、1つお気に入りのものが見つかれば、あとはそれと同じシリーズのものをリピートするだけで、失敗することはまずありません。

信頼できるメーカーをチェックする

最後の手段は、

『失敗してもちゃんと対応してくれる』通販メーカーのものに限定する

というもの。どうしても全部実物を確認してから買うというワケにはいかないのがネット通販。

だったら失敗を許してくれる、もしくは理解してくれるところから買えば問題ないんです。

大手下着メーカーのオンラインショップならほとんど対応可能ですが、私がよく使っているのはニッセンのカタログ通販です。

ニッセンの下着はサイズ展開もめちゃくちゃ豊富で、『悩み別』にカテゴリーも分けられているので、サイトを眺めているだけでも楽しいです。

そしてニッセンの返品に関するポリシーは以下の通り。

  • 返品手続きは、商品到着後14日以内にお願いいたします。
  • 商品不良の場合は、6ヶ月間返品を受け付けさせていただきます。

また、以下の状態の場合は返品は不可のようです。

  • ご利用になられた商品
  • 商品到着後15日以上経過した商品
  • お客様にてお直し・クリーニングされた商品
  • お客様の手元にて傷・破損・汚損が生じた商品
  • 特別加工をするオーダー商品、お名前・家紋等を入れた商品
  • 組み立て途中・組み立て後の商品
  • 返品できませんマークやブランド品など、返品不可のご案内がある商品は返品できません

今回はさすがに下着なので、ショーツなどは一度履いたら返品不可ですので、要注意です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

下着に限らずほとんどの商品がネットで買える時代。その中でも一番失敗が多いのは『下着』ではないかと思います。

サイズが細分化されている上に、商品によって体に合う合わないが全然違う。そんな繊細な商品だからこそ、本当はしっかり試着して買うのがいいし、それが無理なら『ゆるく返品を受けてくれる』ところから買うのが正解のようです。

これまで下着の通販で失敗したことのある人は、これから試してみたいなと思っていた方に、この記事が少しでもお役に立てたら嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です