シンガポールの穴場スポット【イーストコースト】を制覇する5つの極秘プラン|物価の高いシンガポールを安く楽しむ方法

疑問の人

シンガポール旅行は楽しいけど、物価が世界一と言われるだけあってとにかくお金がかかる… もっとお金をかけずに楽しめる場所はないのかなぁ。

独身時代に7年間シンガポールに住み馬車馬のように働いていました、のりこです。

先日子どもと一緒に久しぶりにシンガポールに行ってきたのですが、そこで衝撃的な事実に気づきました。

シンガポールの物価が、爆上がりしてやがる(๑º ロ º๑)〣  ガーン

どれくらい上がっていたかというと、

昔1皿5〜6ドルで食べられていたフードコートの料理が、20ドル

という暴挙。

また食べ物だけでなく、様々なアクティビティもかなり高くなっていて、シンガポールはもはやどこで何をしてもサクサクと万札が飛んでいく街になっていました。

シンガポールでの高額な出費はもう終わりにしましょう

でも冷静に考えてみると、確かにいろんなものの価格や料金が爆上がりしてはいたものの、それはいずれも

シンガポール屈指の『THE観光地』

での話。具体的にどんなところを指すかというと、以下の地図のあたり一帯の、

  • マリーナベイサンズ・カジノ周辺
  • セントーサ全域

です。この辺りはシンガポールが

巨大レジャー施設を立ち上げて外国からの旅行客をガサガサ集めるぞー!!

と躍起になって作った施設なので、そこにあるものすべてが観光地価格なのは仕方ないことかもしれません。

▽高いとわかっていてもやっぱりマリーナベイサンズには一度泊まるべき?と迷ったらこの記事▽
【シンガポール旅行】やっぱり一度くらいはマリーナベイサンズに泊まってみるべき?

もう観光地は行き飽きた!!という人向けの秘蔵レジャースポット

もうガイドブックに載っているシンガポールの観光スポットは全部行ったし、どこに行っても高いなぁ。。できればもっとローカル色強めなところでのんびりしたい。

有名な観光地をまわって”すってんてん”になるほど出費させられた旅行者におすすめなのが、

シンガポールの『イーストコースト』エリア

なんです。

このエリアは住宅街が広がっていて、シンガポール人やシンガポール在住の外国人が暮らすベッドタウン的な地域なんです。

でも1本地下道を渡ってしまえば、そこに広がるのは『イーストコーストパーク』という、全長15kmにもわたるビーチ沿いの巨大公園です。

そこではサイクリングやローラーブレイドを楽しむ人がいたり、バーベキューをする家族やビーチ沿いのバーで飲む人もいたりと、みんなおもいおもいの過ごし片をしています。

ここは『オーチャードロードもマリーナベイも見飽きた!』という人にはうってつけの、『ほぼローカルしかいない』穴場スポットなんです。

シンガポールのイーストコーストを圧倒的に安く楽しむ方法

(引用元:VisitSingapore.com)

このイーストコーストエリアは、オーチャードやマリーナエリアと比べると観光客があまりこないところなので、ご飯を食べるにしろお土産を買うにしろ、わりと良心的な価格設定なのが嬉しいところ

私がシンガポールに住んでいた7年間、このイーストコーストエリアが大好きでずっと住んでいました。海が近いので風が気持ちいいんですよ。

ユニバーサルスタジオやナイトサファリなどコテコテの観光地で大枚をばらまいたら、あとはもうイーストコーストでのんびりゆったり過ごしましょう。

イーストコーストパークを遊び尽くす

引用元:National Parks Singapore|East Coast Park

先ほどもお伝えしたように、シンガポールの東海岸沿いには全長15kmにわたってのびるビーチ沿いに、様々なアクティビティが楽しめる公園があるんです。

それを総称して『イーストコーストパーク』と呼んでいるのですが、そこでできることは以下の通り。

  • バーベキュー(要予約)
  • サイクリング
  • ローラーブレード
  • 釣り
  • 子ども用広場
  • ウォータースポーツ

引用元:National Parks Singapore|East Coast Park

この他にもレストランやカフェ、バーなどもたくさんあるので海を見ながら食事をすることもできます。

またこのイーストコーストパークの終着点には『シーフードセンター』もあり、シンガポール名物のチリクラブやペッパークラブを食べることもできるんです。

☆シーフードセンターは日本語から予約していくのが便利

 

イーストコーストパークの醍醐味は何と言っても『お金がかからない』ということ。

もちろん食事をしたりウォータースポーツに申し込んだりすればその費用はかかりますが、そこはすべてローカルプライスなので目が飛び出るような料金を請求されることはありません。

イーストコーストパークへのアクセス

イーストコーストパークに行くにはバスかタクシーが利用できるのですが、最寄りのバス停は以下の通り。

How to get there: Nearest Bus stops: 92289 (Marine Cove), 92191 (Opp CP C3), 92199 (Aft CP C4), 93181 (Opp CP C4), 93189 (Opp Victoria JC), 93179 (Island Resort S’pore), 93171 (Opp Island Resort S’pore), 93169 (Bef CP D5), 93161 (Bef CP E1), 93159 (Cable Ski Pk), 93151 (Opp Cable Ski Park), 92251 (Opp Parkland Green), 92261 (Opp Playground @ Big Splash), 91101 (Tg Katong Flyover), 91111 (CP B1)

(引用元:National Park Singapore|East Coast Park)

こんなにたくさん『最寄りのバス停』があるのですが、実はそこから公園までけっこうな距離がある停留所もあるのでちょっと注意が必要です。

なので現地までの交通手段のオススメは、断然タクシーです。

シンガポールはタクシーが安くて安全なので旅行者にはとても便利。

カトンエリアを散策する

またイーストコーストといえば、ちょっと歩けばシンガポールの伝統文化プラナカンの建築様式を見ることができる『インスタ映えスポット』にもすぐに行けます。(とはいえイーストコーストパークからの移動はタクシーがおすすめ。歩くと遠いです)

カラフルなプラナカン建築のショップハウスが並んでいる通りをみるだけなのですが、古き良きオールドシンガポールの名残が見られるのでいい経験になると思いますよ!

またこのカトン地区にはシンガポール名物の『カトンラクサ』というココナッツカレー風の汁ビーフンのお店もあります。ローカルのシンガポール人でさえ『ラクサを食べに行こう!』と別の街からカトンに足を運ぶくらいの有名店です。

▽あわせてこちらの記事もどうぞ▽
シンガポールの美しい伝統文化プラナカン|【インスタ映え】として人気スポットのルーツとは? 【ラクサってどんな味?】ラクサを食わずにシンガポールを出ることなかれ!地元民が愛するココナッツカレー麺ラクサについて掘り下げる

ちなみにこのカトンエリアも、ラクサは一杯500〜800円程度ですしプラナカン建築を見て写真を撮るだけならなんと『無料』です。

その他カトンには様々なプラナカン工芸のお店があったりするのですが、基本的に街並みを見て楽しむ系の遊びなので、ほとんどお金はかかりません。

シンガポール イーストコーストの鬼おすすめホテル

(引用元:Booking.com)

今回わたしがシンガポールでの宿に選んだのはこの『Grand Mercure Singapore Roxy』(グランドメルキュールシンガポールロキシー)というホテル。

なにせ私はシンガポールで7年間この近くに住んでいたので、

  • 友人がシンガポールに来たらここを取っていた
  • シンガポール人の親友夫婦はこのホテルで結婚式を挙げた
  • ここのブッフェが美味しいのでよく食事に来ていた

など昔からかなり馴染みのある場所だったのと、全館きれいに改装されていて「値段のわりにとても良い」ことを知っていたので迷わず選びました。

はっきり言って、超おすすめです。

かくれた超優良ホテル!!グランドメルキュールシンガポール

ホテル情報

今回泊まった部屋のタイプ デラックスツイン
部屋の広さ ★★★☆☆ (普通でした)
清潔感 ★★★★☆ (とてもきれい)
接客・サービス ★★★★★ (とても親切)
プール ★★☆☆☆ (こぢんまり)
Wi-Fi ★★★★★ (爆速)
立地 ★★★☆☆ (周りに色々あって便利)
部屋の料金 一泊約12,000円くらい(一部屋)

ホテル内の様子はとにかくスッキリスタイリッシュでシンプルな作りです。清潔感もありますし、ロビーの隣には小さな売店もあります。

>> グランドメルキュールシンガポールの最安値を見てみる

ホテルの周辺にはローカルのショッピングモールやフードセンターがいっぱい

イーストコーストのホテルなんて、イメージ的に周りには海しかなくてとても不便な感じがしますよね。

ところがどっこい。大きなショッピングモールがドーン!フードセンターもドーン!

です。

何しろここはシンガポールのベッドタウン。週末にはローカルのファミリーたちがこぞって買い物にくるショッピングモール『Parkway Parade』が目の前にあるんです。

このモールの中には大きいスーパーマーケットが2つも入っているので、バラマキ土産やホテルの部屋で飲み食いするものを買うのに超便利。

【シンガポールのバラマキ土産】元シンガポール住人が教えるオススメ8選

フードコートも2箇所、そのほかにも飲食店も山盛りあります。

空港からのアクセス抜群

このグランドメルキュールシンガポールロキシーは、なんと言っても空港から近いというのもメリットの一つ。

空港からタクシーに乗ればものの15分でついてしまうのがこのイーストコーストに宿を取る醍醐味と言ってもいいかもしれません。

またこのホテルはシンガポール国内でも珍しく、『無料シャトルバスサービス』を用意してくれています。

(引用元:Booking.com)

通常は空港エリアには通行料が加算されるためタクシーで行くと約1500〜2000円はかかるのですが、それが無料で行けてしまうというのですから、タイミングさえ合えばとても便利です。

空港→ホテルの時刻表
ホテル→空港の時刻表
(運行スケジュールは予告なしに変更になる場合があります)

もちろんこのホテルにはマリーナベイサンズのような華やかさやラグジュアリー感はありません。ただしビジネスで来ている出張者なども多いので、すべてがとてもシンプルで洗練されたイメージです。

うーんでもイーストコーストとなると、そこから観光に出かけるにも不便なんじゃないかなぁ?

と思う人も多いのですが、シンガポールはもともと国土が小さい国なのでタクシーを使えばどこにでも20分もあればついてしまいますので、全然問題ないんです。

>> グランドメルキュールシンガポールの最安値を見てみる

まとめ

いかがでしたでしょうか。

世界一物価が高いと言われるシンガポール。その小さな国の中でも、場所や遊び方をちょっと変えるだけで無駄な出費はかなり抑えることが可能なんです。

もちろんせっかくシンガポールに行くのですから、マーライオンやマリーナベイサンズ、セントーサにナイトサファリなど「ランドマーク」的な観光地は一度は見てみるべきだと思います。

でもそれを見終わったら、そのあとはぜひシンガポール人が暮らす街並みや、彼らが週末に家族や友人たちと過ごすレジャースポットを垣間見て、実際に彼らに混ざって体験してみるのも良いのではないでしょうか。

コストを抑えつつ現地の人と楽しみを共有する、シンガポールの新しい楽しみ方になること間違いなしです。

シンガポールをお得に楽しむ現地オプショナルツアーはこちら
 
▽あわせて読んでほしい▽

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です