【ずんだって何?おいしいの?】ずんだが苦手だった仙台人がずんだスイーツ巡りをしてみた

ずんだ女子

仙台といえばずんだ餅!ずんだ餅といえば仙台!仙台に行ったら名物のずんだは絶対はずせない♫

こんな風に思っている人が本当にいるのかは謎ですが、今回はただひたすらにずんだを食べてきました、のりこです。

実は私、この『ずんだ』が苦手でした。

だから自分で買って食べたこともないし、自分がおいしいと思っていないものを人様にあげることはしたくないので、一度もこの『ずんだ』をお土産として選んだことはありませんでした。

今回そんな【アンチずんだ】な仙台人の私が、ずんだを食すためだけに仙台土産のメッカ仙台駅に出向き、今『大人気』のずんだスイーツを食べ尽くしてきました。

なぜ急にそんなことをしようと思ったのか?

その理由は、たまたま雑誌の中に見かけた『近年大人気のずんだスイーツ』という特集記事。

のりこ

ずんだが近年大人気と言われてもいまいちピンとこない。。私にとっては子どもの頃から身近にあったけど全然魅力的じゃない食べ物の一つだったからなぁ。

改めて『ずんだ』を意識してまわりを見渡すと、たしかにいろんなところに様々なずんだアイテムが溢れていました。

ハーゲンダッツにも華もちシリーズに『ずんだ』が登場。2019年のヒット商品に選ばれています。

そして私自身、今回およそ30年ぶりくらいに改めてずんだを食べてみた結果、

ずんだは、めちゃくちゃ美味しかった(もしくは美味しくなってた)

という結論に達してしまったのです。

☆この記事がお届けするもの☆
ずんだが好きな人には、仙台のずんだスイーツの新たな魅力を。
ずんだが苦手な人には、いろんな改良や工夫がされて昔のイメージを刷新してくれる現代のずんだ事情を。

 

ちょっと\オエっ/となるほどにたくさんのずんだスイーツを食べてみましたので、ずんだが好きな人も苦手な人も、ぜひ読んでみてくださいね。

そもそも『ずんだ』って何?どんな味なの?

ずんだって何?

『ずんだ』が何者かを知らない人のために説明しておきます。

ずんだとは、枝豆をすりつぶして甘く味付けして餡にした、『枝豆餡』のことです。

食べ方としては小倉あんと同じように、

  • お餅
  • お団子
  • おはぎ

などに餡として乗せられているのがスタンダード。この枝豆餡が『ずんだ』と呼ばれるようになったのには諸説あるようですが、

「伊達政宗が、出陣の際に『陣太刀』で枝豆を砕いて食した」とのエピソードに由来するとする説。『陣太刀』(じんたち)は、東北方言では「じんだづ」「ずんだづ」などと発音されるが、これが「じんだ」または「ずんだ」に転訛した。

(引用元:Wikipedia)

というのが有力なようで、旧仙台藩(伊達藩)領の宮城県や岩手南部を中心とした東北地方に伝わり、東北の郷土菓子として親しまれてきたのが始まりです

そこから冷凍ずんだ餅がお土産用として年間を通して食べられるようになり、それに追随するように宮城の老舗菓子メーカー『菓匠三全』『お茶の井ケ田』などが新しいずんだスイーツを開発しブランド化。

それによっていまやずんだは、

「牛タン」「笹かま」とともに『三大仙台名物』の一役を担う存在

になったというわけです。

仙台駅は『ずんだ』だらけ!!

これは仙台駅の中にあるずんだスイーツ専門店『ずんだ茶寮』です。

『萩の月』で有名な菓匠三全がプロデュースするこのシャレオツなずんだスイーツ店。

お土産コーナーのほかにも喫茶スペースもあるので新幹線の待ち時間でもさらっと立ち寄ってずんだスイーツを楽しめます。

ずんだってどんな味?

ずんだってどんな味がするの?見た目はうぐいす餡とか抹茶クリーム的な感じだけど。味の想像がつかない。

ずんだを食べたことがない人には、その色合いや見た目からどんな味なのか想像しにくいですよね。

ずんだは、人によって好き嫌いがはっきり分かれます。

好きな人は大好き、嫌いな人は一生こんなもん食うか!と思うみたいです。ちなみに私も後者のタイプで、子どもの頃に一度母が作ったずんだを食べて苦手になりました。

のりこ

かーちゃんが作ったずんだはひどかった

『ずんだがどんな味か』を文章で平たくお伝えするとこんな感じです。

茹でた枝豆を粗めのペースト状になるまですりつぶし、砂糖をたっぷりと加えて適度な粘りが出るまで練ったあと、ひとつまみの塩で味を引きしめた餡。

一口食べるごとに鼻に抜ける枝豆の香りが特徴的で、その後に追いかけてくる

  • 枝豆の青臭さ
  • 砂糖の甘さ
  • 独特の塩味

このハーモニーこそが『ずんだ』の味なのですが、苦手な人が気になってならない残念ポイントは、

  • とにかく豆の青臭さが気になる
  • わざと枝豆を粗くつぶしているのは理解できるが、そのゴツゴツした感じが気になる
  • 本来しょっぱいはずの枝豆が甘くなっている感覚が気持ち悪い

など、『その意外性』がネガティブに働いている感じが否めません。

のりこ

『枝豆=塩味のおつまみ』というイメージを持ったまま食べるとそのギャップにやられてしまう人が多いようです。

こんな感じで人によって好き嫌いがはっきり分かれる『ずんだ』なのですが、、

どうやら近年人気が急上昇したことによってどんどん新しいずんだ製品が開発され、『嫌いだった人でも好きになる』美味しいスイーツたちが誕生しているらしいのです。

近年ずんだの人気が急上昇。その理由とは?

低糖質・高たんぱくアイテムとして注目!

ずんだの材料ってご存知ですか?

それは意外とシンプルで

枝豆、砂糖、塩のみ

なんです。ということで、まぎれもなくずんだは立派な豆製品。

豆製品なら体にもいいはず!という安易な考え方からなのか、最近流行りの『低糖質・高たんぱく質』を意識する人たちの間で注目を集めているようです。

枝豆はまだ大豆になりきっていない若い豆なので、豆と野菜の両方の特徴を合わせ持つ珍しい食べ物。大豆特有のたんぱく質も含みながら、大豆よりも多くビタミンCを含みます。しかも糖質もカロリーも大豆より低いので、ずんだはダイエットにも向いていると言えるでしょう。しかも枝豆に含まれるメチオニンという成分は、脂肪燃焼効果が高いと最近注目されています

(引用元:https://www.kitchenbook.jp)

ただし、豆自体は低糖質かもしれませんが、それが餡になった『ずんだ』には鬼のような量の砂糖が入っていますので注意が必要です。

ダイエットを意識してずんだを取り入れる場合は自分で『砂糖なしバージョン』を作るのが一番のようです。

より食べやすく、美味しくアレンジされた!

近年のずんだ人気の火付け役になったのが、TVでマツコ・デラックスさんが「美味しい!」と絶賛した『ずんだシェイク』です。

これまでは和菓子のイメージしかなかったずんだをアイスクリームと混ぜてシェイクにしたことで、ずんだの『青臭さ』がかなり緩和されてとても親しみやすい味になりました。

私自身も今回約30年ぶりにずんだを食べてみて、その独特のクセがとても和らいでいることにビックリしました。

さらにシェイクの他にもケーキやアイス、クッキー、チョコなどありとあらゆるものにずんだが取り入れられていて、なんだったら『ずんだ』の味がかなり弱いものまで。

のりこ

これまでずんだが苦手だったという人にも、もう一度トライしてほしい!!

ずんだスイーツのメッカ『仙台駅』に行ってみた

仙台駅2階の新幹線乗り場近くには駅構内が見渡せる『ずんだ茶寮』が

というわけで、ずんだは苦手だけどちょっと興味が湧いてきてしまったので、仙台名物やずんだスイーツなどがゾロリと揃うお土産のメッカ、仙台駅に行ってきました。

そこは『ずんだ』で溢れかえっていた!!

もちろんこれまで仙台駅には何度も来ていたのですが、今回あらためて『ずんだ』を意識して駅の中を見渡してビックリしました。

そこには、

ずんだ

ここもずんだ

キットカットもずんだ

ビアードパパまでずんだ

ありとあらゆるものが、『ずんだ人気にあやかりました』と言わんばかりにもれなくずんだフレーバーになって大々的に売り出されていました。

のりこ

今まではずんだに興味がなかったので、こんなにある『ずんだアイテム』にまったく気づいていませんでしたw

ずんだが苦手だった私が、ずんだスイーツを食べまくった

というわけで、これまでの人生ほぼ『ずんだ』とは無縁の生活を送ってきた私でしたが、この日ばかりはそのブランクを埋める勢いで食べ歩きしてきました。

まず最初に入ったのは、おそらく仙台でずんだと言えばここが一番人気であろう『ずんだ茶寮』です。

この『ずんだ茶寮』、仙台駅構内に2軒もカフェを展開しているんです。

こちらは仙台駅2階、新幹線の改札口近くの『ずんだ茶寮』。窓からは駅構内と外の景色が見えます。

ここで何を食べようか迷ったのですが、まずはちょっと変わったものからトライしてみました。

それが上記ツイートにも載せた、『ずんだロールケーキ』です。

食べたもの① ずんだロールケーキ(ずんだ茶寮)

お土産屋さんでは1本単位で売られていますが、イートインの場合は厚めにスライスしたロールケーキに、バニラアイスと黒豆、お茶をセットにして提供してくれます。

食べた感想は、ずんだが生クリームとまざってふわふわしっとりのロールケーキに巻かれているので、

ずんだずんだしてないけど、ほんのり最後にずんだ感を感じる程度の、やさしいずんだ

でした。

のりこ

甘さ控えめで、バニラアイスと一緒に食べてもくどくならないのがすごい!

『ずんだ茶寮』にはこの他にも

  • ずんだ餅
  • ずんだあんみつ
  • ずんだモナカ

などもあります。

こちらがメニュー。イートインのエリアを一歩出るとそこにはお土産コーナーが広がっているので、食べてみて美味しかったものをお土産として買って帰ることができます。

食べたもの② タピオカ入りずんだシェイク(喜久水庵)

そしてロールケーキを楽しんだ『ずんだ茶寮』を出ると、すぐお隣に『喜久水庵(きくすいあん)』というまた別のお店のお土産コーナーが。

のりこ

そこではずんだシェイクやパフェなどが楽しめます。イートインコーナーは椅子だけの、休憩所っぽい雰囲気です

どうやら朝のTV番組でも取り上げられたようでデカデカとポスターが貼ってありましたので、シェイクはここのを飲んでみました。

ずんだシェイクの上に今流行りのタピオカと、『追いずんだ』的なずんだが、ちょこんと乗っかっている。

味は、クリーミーでロールケーキよりもさらに冷たさも加わってずんだ感は薄れていますが、意外と効いてくるのがこの追いずんだ

うん、まろやかで美味しい。ずんだの風味がいい具合に引き出されているね。ヽ(´▽`)/

タピオカについては、私的には『いらんかったな』というのが正直な感想。だってこれシェイクだから、その冷たさでタピオカが硬くなってモチモチ感はどんどんなくなっていくんだもの。

ずんだシェイクとタピオカドリンクは別々に飲むのが吉です。

食べたもの③ 仙台ひとくちずんだ餅(喜久水庵)

これは喜久水庵のお土産コーナーにあるお土産用ずんだもち。こんな可愛いパッケージに入って550円ととても手に取りやすい価格です。

のりこ

箱を開けてみたら4個しか入ってなくて白目むきましたけどね。

『ずんだ餅』というと餅のまわりにずんだ餡が乗っかっているイメージがありますが、これは大福のようにお餅の中にずんだが入っています。

『ひとくちずんだ餅』というネーミングの通り、ひとくちサイズのお餅が個包装になっています。

いざ実食!

これ、シンプルにとっても美味しい。

ずんだがしっかり詰まっているわりには、ずんだ特有の青臭さゼロ!!

万人受けしそうなずんだ餅』ナンバーワン決定。

また冷凍が多いずんだ餅の中でこのひとくちずんだ餅は常温保存OKなので、買ってすぐに食べられるのも良いところですね。

>>喜久水庵(お茶の井ケ田)のオンラインショップはこちら

食べたもの④ 喜久福ずんだ(喜久水庵)

仙台にきたら絶対食べてほしいのがこの喜久福(きくふく)という名の大福!!

もともとこの喜久水庵というのは、『お茶の井ケ田』という老舗のお茶屋さんが出している甘味ブランド。この喜久福も、お茶屋さんというだけあって”抹茶クリーム”や”ほうじ茶クリーム”など、お茶系のクリームが美味しくて大人気になりました。

もうこれ、食べたことない人はすぐに取り寄せしてみてほしい。

特におすすめは抹茶。(あ、ずんだのレビューしてるんだった)カッチカチに冷凍されているので、自然解凍して食べます。

のりこ

私は大好きなのでしょっちゅう買って食べています。解凍されるのを待ちきれなくてカチカチのまま食べたりもしますよ。

というわけで喜久福の『ずんだ』を買ってきて食べてみました。

はい、間違いない

もう間違いようがないです。

お餅の中に甘さ控えめのずんだ、そしてその中に生クリーム。最高のコラボレーションです。

とにかく食べたことない人はすぐにお取り寄せを。(抹茶もおすすめ←しつこい)

食べたもの⑤ 餅入りどら焼き ずんだ(こだまのどら焼き)

写真撮る前に袋開けてしもた…

この『こだま』ってのはですね、知る人ぞ知る宮城の超老舗どら焼き店。

創業から70年以上続くこの『餅入りどら焼き』は、私が子どもの頃から「どら焼き=こだま」と決まっているくらい、地元宮城では有名などら焼きなんです。

ふわふわしっとりの生地の中には、とてもナチュラルで素朴な味わいのずんだが。

そして『餅入り』というだけあって、こだまのどら焼きにはずんだや小倉あんとともにもちもちの求肥が挟んであります。(これが美味しいのよ)

のりこ

子どもの頃からどら焼きと言ったらこの『こだまの餅入りどら焼き』しか食べたことがなかったので、大人になってから『餅が入っていないどら焼き』が存在するということに衝撃を受けました

>>こだまの餅入りどら焼きのオンラインショップはこちら

食べたもの⑤ ずんだ白雪チーズケーキ(ずんだ茶寮)

こんなものまで…開発の方おつかれ様です!

ここまでくると『なんでもかんでもずんだにすればいいと思って…』感もありますが、目新しかったので買ってみました。

こんな感じの有名なチーズケーキ、よく北海道物産展とかにありますよね。 

あんな感じのふわふわレアチーズの中に、ずんだが入っているという代物。

本当に入ってたw

この写真ではちゃんとケーキみたいに切れていますが、あまりにもレアチーズがふわふわなので、実は取り分けるのが大変でした。

のりこ

なんだったらスプーンですくって食べたい雰囲気。

真っ白なスフレ状のチーズケーキの中にはたっぷりのずんだ。下には薄いスポンジケーキが敷いてありました。

実食してみた素直な感想は、

それぞれ(レアチーズ、ずんだ、スポンジ)はとっても美味しいんだけど、一緒に食べたときに美しいハーモニーを生み出してない感じがちょっと残念

ですかね。間違いなく美味しいのですが、わざわざこの組み合わせを一緒に口に入れる必要はなさそう。

ずんだ好きな人への珍しいお土産としては、話のネタにいいかも知れません。

食べたもの⑥ 王道!ずんだ餅(ずんだ茶寮)

これこそが王道!

そして最後にご紹介するのが、これぞ『THE・ずんだ餅』という感じの、その名も『ずんだ餅』です。

仙台駅に行くと、各フロア各メーカー、いたるところに冷凍庫が置いてあって大量のずんだ餅が売られているのが否応なしに目に入ります。

開けるとこんな感じ。今回は5個入りを買ってみました。

このずんだ餅は冷凍品なので、4〜5時間かけて『自然解凍』してから食べます。

のりこ

必ず自然解凍で食べてくださいね!間違ってもレンジでチン!とかしないように。

お餅はつるんとした口当たりの、柔らかめ。全体的にたっぷりのずんだ餡に包まれています。

ほぼ30年ぶりにまともな『ずんだ餅』を食べた私の感想は、

こんなに美味しいものだったのか!!(´⊙ω⊙`)

でした。私が子どもの頃に食べた、あの母の手作りずんだはなんだったんだろう。

そして今回ずんだが苦手な私が仙台駅を巡ってあらゆるずんだスイーツを試してきたわけですが、

その中でも一番美味しかったのがこのスタンダードな『ずんだ餅』でした。

のりこ

ずんだ餡も甘さ控えめ、臭みもなくてとっても美味。一人で5個全部食べられる勢いでしたよ。

冷凍なのである程度日持ちもするので、ぜひお取り寄せして食べてもらいたい一品です!

まとめ:現代のずんだは美味しかった

いかがでしたでしょうか。

これまで名前は聞いたことはあっても、なんとなくその色合いや”おつまみ”としての枝豆のイメージから『ずんだ』に手を出せずにいた人も。

何回か食べたことはあるんだけど、どうにもその青臭さが気になって好きになれなかったという人も。

現代の仙台名物『ずんだ』は、その記憶の中のずんだとは一味も二味も違う、

超いまどきな、JKでも好んで食べちゃうくらいのおしゃれスイーツ

に変化していました。

そしてその味はいずれも本格派。仙台土産として持って行っても決して恥ずかしくない上質なスイーツばかりです。

仙台にお越しの際には、仙台駅でずんだスイーツのはしごをしてみてはいかがでしょうかヽ(´▽`)/

今回紹介した商品の他にもまだまだたくさんの種類の「ずんだアイテム」たちがしのぎを削っています。

【お取り寄せ可能商品】もたくさんありますので、おうちで試してみるのもおすすめですよ!

\ふるさと納税でも取り扱い中!/

仙台の魅力は『ずんだ』だけじゃない!せっかく来たならHISのお得なクーポンを使って宮城の名所をまわってみてくださいね!

↑クーポンの一例です↑
宮城で使えるお得なクーポンはこちらから

▽関連記事▽
【韓国インスタント麺食べ比べ!】ビビン麺好きの、ビビン麺好きによる、ビビン麺好きのための食べ比べブログ 【鯖缶はダイエットに最適?】手軽に入手できちゃう庶民的な『鯖缶』を食べ比べてみた!美味しく痩せられる最高の鯖缶を探せ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です